武田翔太の出身高校

武田翔太

武田翔太 プロ野球選手

武田 翔太(たけだ しょうた、1993年4月3日 - )は、福岡ソフトバンクホークスに所属するプロ野球選手(投手)。

大分県別府市生まれ。6歳で宮崎市に転居し、小学校でソフトボールを始める。宮崎市立住吉中学校時代は、軟式野球部に所属し3年時に県大会優勝を果たす。続く九州大会では三好匠を擁する北九州市立大谷中学校に初戦で敗れた。その後、Kボールの宮崎県選抜チームに選出され、全国大会出場を果たし、近藤健介を擁する千葉県選抜チームと対戦した。当時から球速は142kmをマークしていた。

宮崎日大高では1年秋からエースとなり、長身を活かした投球スタイルから九州のダルビッシュと呼ばれるようになる。3年時夏は、宮崎県予選準々決勝の鵬翔高戦で11奪三振を奪う力投を見せるも、脱水症状により足がつり9回裏で途中降板。その後、救援した投手が打たれ0-1でサヨナラ負けを喫した。甲子園出場経験は無し。

2011年10月27日、プロ野球ドラフト会議で福岡ソフトバンクホークスから将来性を高く評価され1巡目指名を受けた。

オーバースローから投げる平均球速約145km/h、最速154km/h(3軍の韓国遠征時に記録、日本での最速は152km/h)の速球に加え、角度や球速に変化をつけた3種類のカーブ・マッスラとも称される縦と横のスライダー・チェンジアップと変化球も多彩。プロ2年目のオープン戦ではフォークボールも披露した。特に新聞記事等で「魔球」と記述される縦に大きく割れる落差のあるカーブ(ドロップカーブ)は2014年の日本シリーズで阪神打線を翻弄するなど武器としている。この変化球に関しては解説者からはカーブと称され自身は当初スライダーとも述べていたが、2014年10月30日の日本一祝勝会後のインタビューで本人公認の「ドロップカーブ」となった。このカーブについては小学生時代にやっていたバレーボールでアタックを打つ時の腕の使い方が原点で「自分の投球フォームはバレーボールのアタックからきている」と言っている。2014年11月10日の日米野球壮行試合では縦に大きく落ちる自称「Vスライダー」を披露した。

球速だけにこだわらず、打者をいかに打ち取るかを探求しており、練習や自身の投球などを細かくノートに綴っている。高校時代から夏場に両足が痙攣、2013年7月31日対オリックス戦でも勝利投手の権利目前で右ふくらはぎの痙攣で降板するなど癖になっておりカフェイン摂取制限などの対策をとっている。

目標としている投手は杉内俊哉と和田毅で、「スピードボールで三振も取りたいですが、頭を使った投球が出来る投手になりたい」と新入団選手発表で語った。また、ソフトバンクの前身であるダイエー時代に同姓である武田一浩が在籍していたことなどから「ホークスの武田二世」とも呼ばれている。

同期入団の吉本祥二は高校時代に下町のダルビッシュと呼ばれ、九州のダルビッシュと呼ばれた武田と「Wダルビッシュ」として注目を集めた。

前田幸長からは「武田君は斉藤和巳になれる逸材」と絶賛された。

趣味はゴルフと将棋。食べ物の好き嫌いは無いが、ソバアレルギーのため蕎麦を食べることが出来ない。

座右の銘は、「意志ありて道あり」。

遠縁にコブクロの小渕健太郎がいる。

好きなアーティストはUVERworldで、2014年から楽曲を登場曲にしている。ライブにもたびたび訪れるほか、メンバーとも親交がある。

武田翔太の出身高校

武田翔太出身高校
宮崎日本大学高校 偏差値 宮崎県高校偏差値ランキング
プロ野球選手ランキング
1378位 / 4491人中 プロ野球選手別偏差値ランキング
性別
男性
生年月日
1993年4月3日生まれ

プロ野球選手偏差値ランキング 職業から有名人の出身卒業高校を探す


プロ野球選手一覧

プロ野球選手偏差値ランキング

県別高校偏差値

関東

北関東

関西

北海道/東北

甲信越

東海/北陸

中国

四国

九州/沖縄

おすすめコンテンツ

全国高校偏差値ランキング
職業から有名人の出身高校を探す
有名人の名前から高校を探す

全国自治体別高校偏差値ランキング