武田洋平の出身高校

武田洋平 サッカー選手

武田 洋平(たけだ ようへい、1987年6月30日 - )は、大阪府枚方市出身のプロサッカー選手。Jリーグ・大分トリニータ所属。ポジションはゴールキーパー。

地元枚方市のクラブで8歳の頃から本格的にサッカーを始め、中学時代に大阪府から熊本県に転居した。中学卒業後は県立大津高校に進学し、2・3年時にはインターハイや全国高等学校サッカー選手権大会に出場した。

2006年、清水エスパルスに入団。2010年3月31日に日本平スタジアムで行われたナビスコカップ1次リーグB組の湘南ベルマーレ戦でプロ入り5年目にして公式戦デビューを果たし、2-0での完封勝利に貢献した。また、5月1日のJ1第9節浦和レッドダイヤモンズ戦で脳震盪を起こした西部洋平に代わり後半途中から出場しリーグ戦デビュー。J1第10節京都サンガF.C.戦でリーグ戦初スタメン入りを果たすなど公式戦7試合に出場した。

2011年は山本海人、碓井健平からポジションを奪えずにいたところ、GKに怪我人が相次いでいたアルビレックス新潟からオファーを受け、9月5日から新潟に期限付き移籍。選手登録の期限が終了したあとの移籍だったが、GKの負傷による例外として承認された。新潟ではナビスコカップで移籍元の清水と対戦するなど試合出場を重ね、小澤英明とポジションを争いつつ公式戦6試合に出場した。

2012年はガンバ大阪に期限付き移籍。ガンバではシーズン中盤以降木村敦志の負傷離脱によりベンチ入りする機会が多かったが、ミスの多い藤ヶ谷陽介からポジションを奪えずリーグ戦での出場はなくカップ戦要員にとどまった。

2013年、セレッソ大阪に完全移籍した。しかし、4月8日の練習中に右膝内側靭帯を損傷し早々に離脱。その後復帰したが、キム・ジンヒョンから正GKの座を奪うことはできず、リーグ戦第15節・横浜FM戦で、キム・ジンヒョンの負傷に伴い後半17分から出場したのが唯一の出場機会となった。

2014年、同じくGKの丹野研太と入れ替わる形で大分トリニータに完全移籍。年間を通じて正GKとして41試合にスタメン出場。

その他の公式戦

武田洋平の出身高校

武田洋平出身高校
大津高校 偏差値 熊本県高校偏差値ランキング
サッカー選手ランキング
1236位 / 1982人中 サッカー選手別偏差値ランキング
性別
男性
生年月日
1987年6月30日生まれ

サッカー選手偏差値ランキング 職業から有名人の出身卒業高校を探す


サッカー選手一覧

サッカー選手偏差値ランキング

県別高校偏差値

関東

北関東

関西

北海道/東北

甲信越

東海/北陸

中国

四国

九州・沖縄

おすすめコンテンツ

全国高校偏差値ランキング
職業から有名人の出身高校を探す
有名人の名前から高校を探す

全国自治体別高校偏差値ランキング