武田博行の出身高校

武田博行 プロサッカー選手

武田博行(たけだ ひろゆき、1983年11月30日 - )は兵庫県芦屋市出身のプロサッカー選手。ポジションはGK。

芦屋高校卒業後の2002年にJ2の水戸ホーリーホックに入団。しかし、正GKには地元茨城県出身の本間幸司が既に君臨しており入団から2年間は公式戦の出場機会が訪れなかった。2004年にようやくデビューを果たすものの、本間の牙城を崩すには至らなかった。しかし、2006年は本間が故障で長欠したこともあって自己最多の35試合に出場した。2007年も12試合に出場したが、結局本間からはレギュラーを奪えなかった。この年限りで水戸を退団。

2008年よりJFLの栃木SCへ移籍。背番号1を与えられたものの、この年は出場ゼロに終わりチームのJ2昇格には尽力できなかった。背番号を水戸時代と同じ21に戻した2009年も小針清允と柴崎邦博からレギュラーを奪えず5試合の出場に留まり、さらに出場した試合では多くの失点を重ねてしまった。チームも17位に沈み不本意な1年となった。

小針がガイナーレ鳥取に移籍した2010年は柴崎と激しくレギュラーの座を争い、17試合に出場して出番を分けあった。チームも17位から10位に躍進した。2011年は開幕から柴崎を抑えてレギュラーの座を勝ち取ると安定した守りでチームの序盤戦の快進撃を支えた。しかし、中盤戦以降は徐々にチームは失速しそれと共に失点も増加。終盤戦は鈴木智幸に定位置を譲ることが多くなりチームも結局前年と同じ10位に留まった。2012年も引き続きレギュラーとしてプレーするが、前年のように昇格争いには絡めず順位も11位にとどまった。11月15日に来季の契約を更新しないことが発表され、同年限りで退団。

12月18日、栃木でも師事した柱谷幸一が新監督に就任したギラヴァンツ北九州に完全移籍。北九州は前年まで正GKだった佐藤優也が前監督の三浦泰年等と共に東京ヴェルディへ移籍し、さらにJFLのカマタマーレ讃岐にレンタル移籍していた水原大樹が引退を表明したためGKが手薄になっていた。2013年3月3日のカターレ富山とのシーズン開幕戦では同じ新加入の松本拓也にスタメンを譲ったが、第2節ファジアーノ岡山戦では先発出場し、岡山の攻撃を90分間耐え抜いてスコアレスドローに持ち込み敵地で勝ち点1を獲得。それ以降は定位置を確保している。シーズン終了後、セレッソ大阪へ完全移籍。

武田博行の出身高校

武田博行出身高校
芦屋高校 偏差値 兵庫県高校偏差値ランキング
プロサッカー選手ランキング
382位 / 815人中 プロサッカー選手別偏差値ランキング
性別
男性
生年月日
1983年11月30日生まれ

プロサッカー選手偏差値ランキング 職業から有名人の出身卒業高校を探す


プロサッカー選手一覧

プロサッカー選手偏差値ランキング

県別高校偏差値

関東

北関東

関西

北海道/東北

甲信越

東海/北陸

中国

四国

九州/沖縄

おすすめコンテンツ

全国高校偏差値ランキング
職業から有名人の出身高校を探す
有名人の名前から高校を探す

全国自治体別高校偏差値ランキング