櫻井充の出身高校

櫻井充 議員

桜井 充(さくらい みつる、1956年5月12日 - )は、日本の政治家、医師。民主党所属の参議院議員(3期)、民主党政策調査会長(第13代)。

厚生労働副大臣(野田第3次改造内閣)、財務副大臣(菅第1次改造内閣・菅第2次改造内閣)、参議院経済産業委員長等を歴任。

宮城県仙台市二十人町生まれ。仙台市立榴岡小学校、仙台市立宮城野中学校、宮城県仙台第一高等学校、東京医科歯科大学医学部卒業。1985年から東北大学医学部付属病院内科に勤務。1993年、東北大学大学院医学研究科博士課程修了。1996年に国立病院機構岩手病院第2内科医長に就任。専門は内科学であるが、気管支喘息やアトピー性皮膚炎、花粉症の治療にも力を入れた。

1998年、第18回参議院議員通常選挙に民主党公認で宮城県選挙区から出馬し、初当選した。以後3期連続当選。参院議員当選後も、医師の経験を生かし歯科医療、シックハウス問題への対策に取り組んでいるほか、外交政策、金融政策にも関わり、地域金融円滑化法案(金融アセスメント法案)の立案にも関わった。2005年9月、前原誠司民主党代表が設置した民主党「次の内閣」ではネクスト金融担当大臣に就任。2008年には参議院経済産業委員長を務める。2009年9月、参議院民主党政策審議会長に就任し、翌2010年6月からは政策調査会長代理も兼任(鳩山由紀夫代表の下では政策調査会は廃止されており、菅直人の民主党代表就任により復活した)。同年9月、菅第1次改造内閣で財務副大臣に任命され、菅第2次改造内閣まで務める。

2011年9月、野田佳彦代表の下で再び民主党政策調査会長代理、参議院民主党政策審議会長に就任。2012年10月、野田第3次改造内閣で厚生労働副大臣に任命された。同年12月、海江田万里代表の下、民主党政策調査会長に就任。なお同党で参院議員が政策調査会長を務めるのは、直嶋正行に次いで2人目である。

2015年1月に行われる民主党代表選挙では、元幹事長・細野豪志の推薦人に名を連ねた。

本人のHPに拠れば、主な政策は下記の通りである。

櫻井充の出身高校

櫻井充出身高校
仙台第一高校 偏差値 宮城県高校偏差値ランキング
議員ランキング
439位 / 885人中 議員別偏差値ランキング
生年月日
1956年5月12日生まれ

議員偏差値ランキング 職業から有名人の出身卒業高校を探す


議員一覧

議員偏差値ランキング

県別高校偏差値

関東

北関東

関西

北海道/東北

甲信越

東海/北陸

中国

四国

九州・沖縄

おすすめコンテンツ

全国高校偏差値ランキング
職業から有名人の出身高校を探す
有名人の名前から高校を探す

全国自治体別高校偏差値ランキング