橋本和の出身高校

橋本和 プロサッカー選手

橋本 和(はしもと わたる、1986年9月14日)は、滋賀県伊香郡高月町(現長浜市)出身のサッカー選手。Jリーグ・浦和レッドダイヤモンズ所属。ポジションはディフェンダー(SB)。

父の影響で幼い頃からサッカーに親しみ、小学2年生の時に地元のクラブチームへ入団。利き手は右だが、物心がついた時から左足でボールを蹴っていた。

高月町立高月中学校に入学後、サッカー部がなかったことから、小学生時代の指導者が立ち上げたジュニアユースのクラブチーム「バーニングブラッドFC」へ入団。中学3年生の秋、青森山田高等学校のセレクションに合格し、特待生として進学した。同校サッカー部の同級生にレオナルド、那須川将大がいた。

高校卒業後は、大阪体育大学に進学。同級生に田所諒、松尾元太がいた。2005年、2006年には、関西学生選抜としてデンソーチャレンジカップに出場。2008年、総理大臣杯全日本大学サッカートーナメントで優勝を飾った。

2009年、柏レイソルへ加入。J1第31節清水エスパルス戦で公式戦初出場。

2010年、J2の舞台で出場機会を増やし、リーグ戦29試合に出場。クラブ初のJ2優勝、J1復帰に貢献した。

2011年、左膝靭帯損傷による出遅れもあり、新加入のジョルジ・ワグネルに左サイドバックのレギュラーポジションを奪われてしまう。復帰後は途中出場が多く、J1第14節横浜F・マリノス戦では「高校3年生以来」となるセンターバックも務めたが、ワグネルが左サイドハーフにコンバートされたシーズン中盤に再びレギュラーを奪取した。J1優勝の懸かった最終節浦和レッズ戦で、前半38分にコーナーキックのこぼれ球をオーバーヘッドキック気味のシュートでゴールへ流し込み、Jリーグ初得点を記録。結果として、これがクラブ初のJ1優勝を決める決勝点となった。

2012年、日本代表候補に初選出されたが、負傷によりキャンプには参加出来なかった。リーグ戦では引き続きレギュラーとして25試合に出場し、37年ぶりの天皇杯制覇も達成した。

2013年は、開幕前に右脛骨遷延性骨折で離脱したため、中断期間明けの6月23日に行われたヤマザキナビスコカップ準々決勝第1戦・広島戦でシーズン初出場を果たした。復帰以降は左サイドバックや左ウイングバックのポジションを掴み、出場停止や負傷を除いてほぼ全ての試合に出場した。

2014年12月12日、浦和レッドダイヤモンズへ完全移籍することが発表された。

その他の公式戦

その他の国際公式戦

橋本和の出身高校

橋本和出身高校
青森山田高校 偏差値 青森県高校偏差値ランキング
プロサッカー選手ランキング
463位 / 815人中 プロサッカー選手別偏差値ランキング
性別
男性
生年月日
1986年9月14日生まれ

プロサッカー選手偏差値ランキング 職業から有名人の出身卒業高校を探す


プロサッカー選手一覧

プロサッカー選手偏差値ランキング

県別高校偏差値

関東

北関東

関西

北海道/東北

甲信越

東海/北陸

中国

四国

九州・沖縄

おすすめコンテンツ

全国高校偏差値ランキング
職業から有名人の出身高校を探す
有名人の名前から高校を探す

全国自治体別高校偏差値ランキング