橋内優也の出身高校

橋内優也 プロサッカー選手

橋内 優也(はしうち ゆうや、1987年7月13日 - )は、日本のプロサッカー選手。滋賀県栗東市出身。ポジションはディフェンダー。Jリーグ・徳島ヴォルティス所属。東海大学付属第五高等学校卒業。

50m走は5秒台、垂直跳びで75cm以上飛べる、高い身体能力を持ち合わせた選手。基本ポジションはセンターバックや右サイドバックだが、FWとしても起用された事がある。

性格が非常にいいため、チームメイトに慕われており、若手時代はJサテライトリーグでキャプテンも務めた。

顔が実年齢よりもかなり老けて見えるため、18歳で広島に入団した当初から「おっさん」の愛称で呼ばれている。本人も悪い気はしていないという。

元サッカー選手の橋内竜真は実弟。

中学時代までは地元滋賀県でサッカーをしていたが、高校は福岡県の東海大学付属第五高等学校に越境入学。同期に藤田直之、実弟の竜真も同校出身。高校時代から持ち前の身体能力を活かしてDFだけでなくFWとしても活躍。2年時の2004年にサンフレッチェ広島ユースと対戦、同チームで最も才能を評価されていた前田俊介をマンマークしたプレーぶりが評価され、広島に入団するきっかけとなった。

2006年、サンフレッチェ広島に入団、同期は柏木陽介・槙野智章・趙佑鎮。同シーズン4月から暫定で監督を務めた望月一頼は、橋内をプレス要員としてFWで起用。同年5月3日J1対大宮アルディージャ戦にてFWとして出場、広島のシーズン初勝利に貢献した。

監督がミハイロ・ペトロヴィッチに交代した以降は右CBあるいは右アウトサイドとしてプレーしたが、怪我がちで出場機会に恵まれなかった。2008年末、移籍を前提に他チームに練習参加していたがまとまらなかった。翌2009年、引き続き広島に在籍、同年6月3日に若手主体となったナビスコ杯対大分トリニータ戦にてプロ初得点を決める。

2009年9月より、JFL・ガイナーレ鳥取へ期限付き移籍。センターバックとしてすぐにレギュラーを掴み、DFながら10試合で4得点を挙げる活躍を見せたものの、チームのJ2昇格には貢献できなかった。

2010年より、徳島ヴォルティスへ期限付き移籍。2011年より、同チームへ完全移籍。

その他公式戦

橋内優也の出身高校

橋内優也出身高校
東海大学付属第五高校 偏差値 福岡県高校偏差値ランキング
プロサッカー選手ランキング
729位 / 815人中 プロサッカー選手別偏差値ランキング
性別
男性
生年月日
1987年7月13日生まれ

プロサッカー選手偏差値ランキング 職業から有名人の出身卒業高校を探す


プロサッカー選手一覧

プロサッカー選手偏差値ランキング

県別高校偏差値

関東

北関東

関西

北海道/東北

甲信越

東海/北陸

中国

四国

九州/沖縄

おすすめコンテンツ

全国高校偏差値ランキング
職業から有名人の出身高校を探す
有名人の名前から高校を探す

全国自治体別高校偏差値ランキング