樽谷明の出身高校

樽谷明 サッカー選手

樽谷明出身高校
広島大学附属高校 偏差値 広島県高校偏差値ランキング
サッカー選手ランキング
11位 / 1982人中 サッカー選手別偏差値ランキング
性別
男性

樽谷 恵三(たるや けいぞう、1930年 - )は、広島県出身の元サッカー選手。現役時代のポジションはフォワード(FW)。

長沼健、木村現は、広島高等師範附属小学校(現広島大学附属小学校)からのチームメイト。広島高等師範附属中学(現広島大学附属高校)、樽谷はセンターフォワードとして、右インナーFW長沼、右ウイングFW木村との超強力布陣で全国中等学校選手権(現・全国高等学校サッカー選手権大会)の戦後初優勝に貢献。3人のスピードは、当時の中学生レベルでは止められなかったと言われ、4試合で計21得点をたたき出した。決勝戦7-1のスコアは、戦後最多得点、及び大会最多得点差記録として現在も残っている。翌年国体も制覇。

この3人を含む広島高師附属中のメンバー8人が卒業後関西学院大学入りし関学の黄金時代を築いた。このメンバーと鴇田正憲らOBを加え全関学として1950年、全日本選手権大会(天皇杯の前身)で慶應義塾大学を6-1で降して優勝。

1953年、東洋工業(現マツダ)へ。東洋工業蹴球部(のちのマツダSC、現サンフレッチェ広島)に所属し、下村幸男、銭村健次、重松良典らと活躍し、1955年には全日本実業団でも初の決勝進出。田辺製薬に0-2と敗れ準優勝に終わったが翌1956年には田辺製薬の7連覇を阻み初優勝、チームに初の全国タイトルをもたらした。

東洋工業時代の1953年には母校・広大付属東千田高校のコーチとして、大橋謙三を擁し全国高校サッカー選手権優勝に導く。史上初の両校優勝の相手は大阪府立岸和田高校で、1945年全国優勝した時のメンバー・木村現がコーチを務めていた。敵味方で優勝を分け合った格好になった。

選手引退後は社員として東洋工業/マツダに勤めた。

サッカー選手偏差値ランキング 職業から有名人の出身卒業高校を探す

サッカー選手偏差値ランキング

高校偏差値を検索!(サイト内検索)
県別高校偏差値

関東

北関東

関西

北海道/東北

甲信越

東海/北陸

中国

四国

九州・沖縄

おすすめコンテンツ

全国高校偏差値ランキング
職業から有名人の出身高校を探す
有名人の名前から高校を探す

全国自治体別高校偏差値ランキング