楚輪博の出身高校

楚輪博

楚輪博 サッカー選手

楚輪 博(そわ ひろし、1956年5月1日 - )は、日本の元サッカー選手、サッカー指導者。広島県広島市生まれ、広島県・大阪府育ち。

県立広島工業時代は金田喜稔、木村和司、石崎信弘、猿沢茂らとスペクタクルなサッカーを展開し高校選手権などで活躍した。法政大学時代はユース代表の主将も務めた。

卒業後、ヤンマーディーゼルサッカー部に入部。得意のプレイスキックで中心選手として活躍。現役晩年の釜本邦茂のパートナーでもあった。1981年アシスト王、ベストイレブン5回、日本サッカーリーグ(JSL)191試合出場は歴代17位。日本代表経験もある。1990年に現役を引退した。

1994年にセレッソ大阪のサテライト監督に就任。1995年にはトップチームのヘッドコーチ、1996年のシーズン途中からはパウロ・エミリオ監督の辞任伴い、シーズン終了まで監督を務めた。

1997年、鳥栖フューチャーズの経営破綻に伴い新たに結成されたサガン鳥栖の初代監督に就任。J2初年度の1999年まで務めたが、楚輪監督時代の鳥栖は比較的成績・経営状況とも良好であった。

鳥栖監督辞任後は桃山学院大学サッカー部のコーチ、監督を歴任。

2004年に日本フットボールリーグ(JFL)に所属するYKK APサッカー部の監督に就任。2005年はJ2昇格を目指す愛媛FCに次いで準優勝に輝いた。

2008年、YKK APとアローズ北陸が統合して誕生したカターレ富山の初代監督となり、1年目でJFL3位の成績を残しチームをJリーグへ導いた。2009年のJリーグ加盟初年度を組織的な守備を構築し挑み、J初参戦のチームながら健闘した。2010年、カターレ富山を率い3年目のシーズンは、27試合で6勝19敗2引分と成績不振に陥り、シーズン途中の9月29日に監督を解任された。

2011年、再び桃山学院大学サッカー部監督に就任。

楚輪博の出身高校

楚輪博出身高校
広島工業高校 偏差値 広島県高校偏差値ランキング
サッカー選手ランキング
1426位 / 1982人中 サッカー選手別偏差値ランキング
性別
男性
生年月日
1956年5月1日生まれ

サッカー選手偏差値ランキング 職業から有名人の出身卒業高校を探す


サッカー選手一覧

サッカー選手偏差値ランキング

県別高校偏差値

関東

北関東

関西

北海道/東北

甲信越

東海/北陸

中国

四国

九州/沖縄

おすすめコンテンツ

全国高校偏差値ランキング
職業から有名人の出身高校を探す
有名人の名前から高校を探す

全国自治体別高校偏差値ランキング