植田直通の出身高校

植田直通

植田直通 プロサッカー選手

植田 直通(うえだ なおみち、1994年10月24日 - )は、熊本県出身のサッカー選手。ポジションはDF(センターバック)。鹿島アントラーズ所属。元日本代表。

小学生時代にテコンドーを始め、小学3年生の時には小学生部門全国第3位になった他、中学時代には日本一、さらに、世界大会にも出場したという。小学3年生の頃に友達に誘われて緑川少年スポーツクラブでサッカーを始めると、徐々にサッカーに熱中するようになる。

宇土市立住吉中学校ではサッカー部に所属。中学卒業後は「どうせやるなら、全国やプロを目指せる環境で挑戦したかった」という思いで、地元の強豪校大津高校に入学。サッカー部に入部して間もなく平岡和徳監督から「日本で極めてまれな素材」とその才を見出され、1年生の頃からスタメンに抜擢される。主将として3年時に出場した第91回全国高等学校サッカー選手権大会では旭川実業高等学校に一回戦で敗れている。

高校卒業後、浦和レッズや横浜F・マリノスなど数多くのクラブからオファーを受けたが、最終的に「雰囲気がファミリーに近い」という理由で、同じ大津高校の豊川雄太とともに2013年、鹿島アントラーズに入団。

2013年3月23日、ナビスコカップ第2節・FC東京戦でプロ初出場を果たし、2014年3月1日、J1第1節ヴァンフォーレ甲府戦でJリーグ初出場を果たす。2015年4月16日、J1 1stステージ第6節柏レイソル戦でプロ初得点を挙げた。

サッカー経験は浅かったが、U-16日本代表以降、年代別の代表に選出されている。

2014年12月28日、怪我により出場辞退した内田篤人に代わり、2015年1月にオーストラリアで行われるAFCアジアカップ2015の日本代表メンバーに初選出された。しかし、大会を通して試合に出場する事はなく、チームは準々決勝で敗れた。

186cmの長身と抜群の身体能力を誇るディフェンダー。フィジカルと対人戦、空中戦の強さに自信を持ち、「フィジカルなら海外の選手にも負ける気はしない」と自負している。豊川雄太は高校時代の植田について「こいつが守備で負けたのを見たことがない。大学生でもプロでも吹っ飛ばしていた」と語る。また、50mを6.1秒で走る俊足も兼ね備えており、強さや高さだけでなく、速さも持ち合わせている。筋肉量や体脂肪率、LMI(筋肉指数)など全6項目で計る「体組成テスト」の数値ではU-22日本代表でトップである。

好きな選手にはカルレス・プジョルを挙げており、「(闘争心の出し方も)大好きです。自分は試合中に血を流すというのが自分の目標でもあるので、本当に凄いと思う。(プジョルは)ビビらないので、そういう気持ちを大切にしていきたいです」と語っている。

ユース経歴

プロ経歴

その他の公式戦

植田直通の出身高校

植田直通出身高校
大津高校 偏差値 熊本県高校偏差値ランキング
プロサッカー選手ランキング
530位 / 815人中 プロサッカー選手別偏差値ランキング
性別
男性
生年月日
1994年10月24日生まれ

プロサッカー選手偏差値ランキング 職業から有名人の出身卒業高校を探す


プロサッカー選手一覧

プロサッカー選手偏差値ランキング

県別高校偏差値

関東

北関東

関西

北海道/東北

甲信越

東海/北陸

中国

四国

九州/沖縄

おすすめコンテンツ

全国高校偏差値ランキング
職業から有名人の出身高校を探す
有名人の名前から高校を探す

全国自治体別高校偏差値ランキング