植松優友の出身高校

植松優友 プロ野球選手

植松 優友(うえまつ まさとも、1989年11月27日 - )は、大阪府大阪市北区の元プロ野球選手(投手)。

大阪市立北天満小学校(現・大阪市立扇町小学校)在学時は主にサッカーに興じ、5年生の時にソフトボールを始める。大阪市立天満中学校進学後は軟式野球部に所属し、主に一塁手として活躍。

金光大阪高等学校入学直後に、威力の高い直球を評価され投手に転向。1年生の秋季大阪府大会からベンチ入りするも、当初は安定しない制球力に苦しめられるが、地道に修正を重ね2年次から直球の球速も140km/hを計測するようになった。更に、天下一品と評されるスライダーを駆使し、一躍プロのスカウトから注目を集めるようになった。

植松の評価を決定的なものにしたのは、2007年の全国高等学校野球選手権大阪大会の決勝戦で中田翔や浅村栄斗らを擁する大阪桐蔭との対戦で同年度の全国ナンバーワン打者として注目を浴びていた中田から3三振を奪ったことである。第89回全国高等学校野球選手権大会では初戦敗退を喫するも、投手としての素質と高校3年間を通じて中田を13打数無安打に抑えた実績が共に評価され、一気にドラフト上位指名が有力視される存在となった。

2007年のドラフト会議で千葉ロッテマリーンズから3巡目指名を受け、11月15日、契約金4000万円、年俸600万円で正式に入団契約に合意した。

2008年には、イースタン・リーグ公式戦7試合に登板したが、防御率10.66。2009年には、9試合の登板で防御率4.32という成績を残した。

2010年には、二軍で先発ローテーションに定着。イースタン・リーグ公式戦では、チームトップタイの5勝を挙げるとともに、チームの投手で唯一規定投球回数に達した。しかし、シーズン終了後に左肩の手術を受けた影響で、2011年には2試合の登板に終わった。

2012年には、イースタン・リーグ公式戦15試合に登板。通算42回1/3イニングで防御率6.38、2勝3敗と振るわなかった。しかし、二軍の同リーグ優勝で臨んだファーム日本選手権の先発投手に抜擢。7回を被安打4の無失点に抑えたことから、優秀選手に選出された。

2013年には、一軍の石垣島春季キャンプに初めて参加。新任の伊東勤一軍監督をはじめ、一軍の首脳陣から「期待の投手」に名を挙げられた。しかし、2014年までは、一軍公式戦での登板機会がなかった。

2015年には、自身と同じ左腕投手・古谷拓哉の戦線離脱を受けて、6月4日の対阪神タイガース戦(阪神甲子園球場)で一軍初登板・初先発。敗戦投手になったものの、6回1失点と好投した。NPB在籍8年目での一軍デビューは、ドラフト制度が導入された1965年以降では、渡辺政仁の12年目、牧谷宇佐美の10年目、押尾健一の9年目に次ぐ遅い記録である。しかし、本拠地・QVCマリンフィールドでの先発登板になった6月11日の対中日ドラゴンズ戦に2回6失点で自身2連敗を喫すると、翌12日に出場選手登録を抹消。結局、一軍公式戦への登板は、以上の2試合で終わった。10月3日に球団から戦力外を通告。通告後には12球団合同トライアウト(11月10日・草薙球場)への参加を検討していたが、開催の直前に参加を見送るとともに、現役引退を表明した。

2015年12月10日に、打撃投手としてロッテと契約したことが球団から発表された。

植松優友の出身高校

植松優友出身高校
金光大阪高校 偏差値 大阪府高校偏差値ランキング
プロ野球選手ランキング
2028位 / 4491人中 プロ野球選手別偏差値ランキング
性別
男性
生年月日
1989年11月27日生まれ

植松優友の関連人物

プロ野球選手偏差値ランキング 職業から有名人の出身卒業高校を探す


プロ野球選手一覧

プロ野球選手偏差値ランキング

県別高校偏差値

関東

北関東

関西

北海道/東北

甲信越

東海/北陸

中国

四国

九州/沖縄

おすすめコンテンツ

全国高校偏差値ランキング
職業から有名人の出身高校を探す
有名人の名前から高校を探す

全国自治体別高校偏差値ランキング