植原修平の出身高校

植原修平

植原修平 プロ野球選手

植原 修平(うえはら しゅうへい、1947年4月28日 - )は、東京都世田谷区出身の日本の元プロ野球選手。ポジションは外野手。

帝京商工高校では、1965年の夏の甲子園都予選準々決勝で日大三高の佐藤道郎投手に抑えられ敗退。日本大学へ進学し、佐藤とはチームメートになる。日大時代は外野手、一塁手として活躍。1969年には、エース佐藤を擁し東都大学リーグ春季、秋季リーグとも優勝。同年の全日本大学野球選手権大会では東海大に敗れ準優勝。リーグ通算6本塁打、ベストナイン1回(一塁手)受賞。

卒業後に日本石油へ入社。外野手、四番打者として活躍し、1970年の都市対抗にも出場、本塁打を放つ。日石時代の打率は3割4分、本塁打17本。

1970年ドラフト会議でヤクルトアトムズから7位指名を受け入団。肩も強く、右の長距離打者として期待された。1973年にイースタン・リーグで打率.340を記録し、首位打者を獲得するが、一軍には定着できず、1974年に引退した。

植原修平の出身高校

植原修平出身高校
横浜商工高校 偏差値 神奈川県高校偏差値ランキング
プロ野球選手ランキング
3980位 / 4491人中 プロ野球選手別偏差値ランキング
性別
男性
生年月日
1947年4月28日生まれ

プロ野球選手偏差値ランキング 職業から有名人の出身卒業高校を探す


プロ野球選手一覧

プロ野球選手偏差値ランキング

県別高校偏差値

関東

北関東

関西

北海道/東北

甲信越

東海/北陸

中国

四国

九州/沖縄

おすすめコンテンツ

全国高校偏差値ランキング
職業から有名人の出身高校を探す
有名人の名前から高校を探す

全国自治体別高校偏差値ランキング