森谷昭仁の出身高校

森谷昭仁

森谷昭仁 プロ野球選手

森谷 昭仁(もりたに あきひと、1979年10月8日 - )は、日本の元プロ野球選手(外野手)。一時期、登録名を「森谷 昭人」(読み同じ)としていた。

プロ野球選手の森谷昭を父に持つ。

読売ジャイアンツに4年間所属した元プロ野球選手、森谷昭の第一子として出生。川岡東小学校時代に少年野球チーム「西京ビッグスターズ」でプレー。中学時代は投手だった。愛知県の豊川高等学校へ入学し、外野手へ転向。高校では1年秋からレギュラーを獲得する。高校通算34本塁打。甲子園出場経験はない。1997年のドラフト会議で近鉄バファローズに3位指名を受け入団。

俊足で強肩、更にはスイッチヒッターの選手として、他選手や首脳陣からはその素質を極めて高く評価されており、当時コーチを務めていた立石充男からは特に目をかけられていたという。

2000年から3年連続でウエスタン・リーグ盗塁王を獲得。俊足を武器に、2000年8月5日のロッテ戦で代走として公式戦初出場を果たし、二盗を決める。2002年には初安打・初本塁打を記録した。しかし、1軍においては、高度な理解を要するプレーに対しての適応力が欠如していたため[注釈 1]、牽制死などのミスが目立った。2004年オフに球団合併に伴う選手分配ドラフトにより、東北楽天ゴールデンイーグルスに移籍する。

2006年は24試合に出場した。2007年5月13日のオリックス・バファローズ戦では好守備を見せ、監督の野村克也から「あれはお前しか取れへん」とコメントをもらう。しかし5月28日の横浜戦では不用意に牽制球に刺され、翌日二軍降格となった。二軍では内野手不足の事情から本職ではない二塁を守ったりもしたが、アピールできる内容は残せず、そのまま二軍でシーズンを終えた。

2008年10月1日に球団から戦力外通告を受けた。自身の述懐によれば、チャンスがありながらレギュラーになりきれなかったこともあり、現役続行の意欲は薄く12球団合同トライアウトは1回目の受験を辞退し、周囲の声に押される形で2回目のトライアウトを受験した。しかし、獲得する球団はなくそのまま現役を引退した。

引退後は飲食店でのアルバイトを経て、2010年夏に実家近くの京都市西京区で実弟と焼き鳥店「夢叶(ゆめか)」を開店。開店当日は楽天時代の元チームメイトである山崎武司から花輪が届き、店内には田中将大や仲がよかった平石洋介、牧田明久のサインが飾ってある。

澤井道久とは同級生で同じ出身地である。近鉄時代の監督であった梨田昌孝は森谷について「足も速いし、肩も強い」と評価した。

森谷昭仁の出身高校

森谷昭仁出身高校
豊川高校 偏差値 愛知県高校偏差値ランキング
プロ野球選手ランキング
1660位 / 4491人中 プロ野球選手別偏差値ランキング
性別
男性
生年月日
1979年10月8日生まれ

プロ野球選手偏差値ランキング 職業から有名人の出身卒業高校を探す


プロ野球選手一覧

プロ野球選手偏差値ランキング

県別高校偏差値

関東

北関東

関西

北海道/東北

甲信越

東海/北陸

中国

四国

九州/沖縄

おすすめコンテンツ

全国高校偏差値ランキング
職業から有名人の出身高校を探す
有名人の名前から高校を探す

全国自治体別高校偏差値ランキング