森徹の出身高校 プロ野球選手

森 徹(もり とおる、1935年11月3日 - 2014年2月6日)は、北海道函館市出身(旧満州生まれ)のプロ野球選手(外野手)。

息子はアニメ監督のもりたけし。娘にジャズ・シンガーの森郁。

旧満州の生まれ。戦後北海道函館市に引き上げ、その後東京に移った。

早大学院では柔道選手としても知られていた。現在に至るまで唯一の同校出身プロ野球選手である。1953年夏の甲子園都予選では2回戦で東京教育大附高に敗退。

1954年に早大に進む。東京六大学リーグでは3年時までに3度優勝。1955年の第2回アジア野球選手権大会日本代表(東京六大学リーグ選抜で構成)に選出され、日本の優勝に貢献。エース木村保を擁し1956年の全日本大学野球選手権大会に出場するが、準決勝で関大の村山実投手に抑えられ敗退した。1957年には木村の卒業も影響し、長嶋茂雄、杉浦忠のいた立大に圧倒され、春秋季連続優勝を許す。秋季リーグ1回戦では杉浦にノーヒットノーランを喫した。リーグ通算71試合に出場し270打数63安打、5本塁打、37打点、打率.233、ベストナイン(外野手)4回。東京六大学を代表するホームランバッターとして何度も神宮を沸かせている。

1958年、中日ドラゴンズに入団。新人ながら23本塁打を放つが、新人王は長嶋茂雄(巨人)に奪われる。翌年4番を打ち、31本塁打、87打点の成績でセ・リーグの本塁打王と打点王の2冠を獲得。リーグを代表するホームランバッターとして、押しも押されもせぬ存在となる。江藤慎一と移籍直前に入団した高木守道の台頭までは中日のスター選手であった。

しかし濃人渉監督との確執から1962年、大洋ホエールズに放出された。移籍後3年間は桑田武と並ぶ中心打者として実績を残し、チームもリーグ2位を2回記録するが、1965年には故障もあって出場機会が減少、打率も2割を切る。1966年、かつて自分を放出した濃人が中日監督解任後にコーチとなっていた東京オリオンズに移る。同年は打線の中軸として91試合に先発出場するが、その後は故障がちになり、濃人が監督に昇格した翌年の1968年限りで現役を引退。東京12チャンネルの解説者になる。

その後は旅行代理店の経営に携わっていたが、1969年田中義雄(元阪神監督)の誘いにより、「グローバルリーグ」という国際的な野球リーグへの参加を表明。日本チーム「ハポン・デ・トキオ」(東京ドラゴンズ)の監督兼選手となり、ベネズエラで転戦を続けたが、資金難もあってグローバルリーグは頓挫、半年後には帰国を余儀なくされた。

森徹の出身高校

森徹出身高校
早稲田大学高等学院 偏差値 東京都高校偏差値ランキング
プロ野球選手ランキング
2位 / 人中 プロ野球選手別偏差値ランキング
性別
男性
生年月日
1935年11月3日生まれ

プロ野球選手偏差値ランキング 職業から有名人の出身卒業高校を探す


プロ野球選手一覧

プロ野球選手偏差値ランキング

高校偏差値を検索!(サイト内検索)

高校偏差値ランキング
大学偏差値ランキング
企業年収ランキング


お問い合わせ 2017-2017 高校偏差値ナビ © All rights reserved.