森山淳子の出身高校

森山淳子 スポーツ選手

森山 淳子(もりやま じゅんこ、女性、1975年2月26日 - )は、日本の元バレーボール選手である。ニックネームはハナ。

大分県別府市出身。中学校1年生からバレーボールを始める。扇城高等学校(現・東九州龍谷高等学校)卒業後、小田急ジュノーに入部。韓国籍の在日3世(韓国名:朴淳子、박순자)であったが、20歳の時に日本国籍を取得した。

1997年、東洋紡オーキスへ移籍。翌年、全日本代表に選出。2001年には全日本のキャプテンを任されたが、ワールドグランドチャンピオンズカップ直前に故障し、代表を外れた。全盛期はレシーブのできるセンターとして活躍し、東洋紡時代には1試合だがリベロを務めた。東洋紡の休部に伴い、2002年8月、JTマーヴェラスに移籍した。

2006年5月末日を以て現役引退。JT広島支店に勤務し、JTサンダーズ事務局の総務を務めた。

中学3年時に「さわやか杯」(現全国都道府県対抗中学バレーボール大会)で優勝し、オリンピック有望選手と発表されながら後に取り消しされている。また同様の理由で、1993年の黒鷲旗全日本バレーボール男子・女子選手権大会で、新人ながら小田急の準優勝に大きく貢献したにもかかわらず、国籍問題で若鷲賞(新人賞)を獲得できなかったと報道されている。20歳になると小田急関係者の尽力で、わずか6ヶ月で帰化申請が認められた。森山は後に全日本の主将として日の丸の重みが双肩にかかることになる。

別府市には小学3年から住み、別府市立北小学校へ転校したが同級生に、後にバレーボール人生をともにした島崎みゆきがいた。小学4年になると島崎はバレーボールを始めるが、森山はフットベースボールを選択した。実母の「バレーボールは身長が高くなるからだめ」との理由。

中部中ではバスケットボール部に入部したが、またも「バスケットボールはルールがわからないからバレーボールにしなさい」という実母の一言でしぶしぶバレーボール部に転部した。当初はあまり熱心ではなく、先に入部していた島崎がよく呼びにきたという。レギュラーの選手が転校し、森山はレギュラーに抜擢され頭角を現した。「さわやか杯」では島崎とともにエースとして優勝の原動力となった。

高校は熱心に誘ってくれた扇城高等学校(現・東九州龍谷高等学校)に進学。優勝こそしなかったが、その名声は島崎とともに全国に鳴り響いた。実業団入りした後、島崎とは東洋紡オーキスで1シーズンだけ同じコートに立っている。

1999年から2006年までのVリーグ及びVプレミアリーグのレギュラーラウンドにおける個人成績は下記の通り。

1 多治見麻子 | 3 津雲博子 | 4 神田千絵 | 5 江藤直美 | 6 大貫美奈子 | 8 熊前知加子 | 9 森山淳子 | 11 満永ひとみ | 12 大懸郁久美 | 13 佐々木みき | 15 鈴木洋美 | 18 磯辺絵梨子 |

1 多治見麻子 | 3 津雲博子 | 5 江藤直美 | 6 大貫美奈子 | 8 熊前知加子 | 9 森山淳子 | 10 板橋恵 | 11 満永ひとみ | 12 大懸郁久美 | 13 佐々木みき | 14 櫻井由香 | 17 鈴木洋美 |

1 江藤直美 | 2 板橋恵 | 3 津雲博子 | 6 大貫美奈子 | 7 大懸郁久美 | 8 熊前知加子 | 9 森山淳子 | 11 満永ひとみ | 15 竹下佳江 | 16 高橋みゆき | 17 鈴木洋美 | 18 杉山祥子 |

森山淳子の出身高校

森山淳子出身高校
東九州龍谷高校 偏差値 大分県高校偏差値ランキング
スポーツ選手ランキング
881位 / 2540人中 スポーツ選手別偏差値ランキング
性別
女性

スポーツ選手偏差値ランキング 職業から有名人の出身卒業高校を探す


スポーツ選手一覧

スポーツ選手偏差値ランキング

県別高校偏差値

関東

北関東

関西

北海道/東北

甲信越

東海/北陸

中国

四国

九州・沖縄

おすすめコンテンツ

全国高校偏差値ランキング
職業から有名人の出身高校を探す
有名人の名前から高校を探す

全国自治体別高校偏差値ランキング