森光正吉の出身高校

森光正吉 プロ野球選手

森光 正吉(もりみつ しょうきち、1941年3月5日 - )は、高知県須崎市出身の元プロ野球選手。

高知商業高校では、アンダースローのエースとして活躍し、1958年の春夏の甲子園に連続出場。春の選抜では、2回戦で和歌山海南に延長12回の熱戦の末3-4で惜敗。夏の選手権では、2回戦の対松阪商戦でノーヒット・ノーランを達成。準々決勝の平安高戦では1安打完封に抑え準決勝に進出する。しかし準決勝では柳井高の友歳克彦投手(法大-日本石油)と投げ合い、0-1で完封負け。高校同期に尾崎靖夫遊撃手、1年下に倉内顕左翼手、山崎武昭投手がいた。

1959年に大阪タイガースに入団。二軍暮らしが長かったが、1963年にリリーフを中心に26試合に登板し、プロ初勝利を挙げる。この年以外に一軍での登板はほとんど無かった。いわゆる「当て馬」で数試合に先発出場している。1969年オフに退団した。

森光正吉の出身高校

森光正吉出身高校
松阪商業高校 偏差値 三重県高校偏差値ランキング
プロ野球選手ランキング
2608位 / 4491人中 プロ野球選手別偏差値ランキング
性別
男性
生年月日
1941年3月5日生まれ

森光正吉の関連人物

プロ野球選手偏差値ランキング 職業から有名人の出身卒業高校を探す


プロ野球選手一覧

プロ野球選手偏差値ランキング

県別高校偏差値

関東

北関東

関西

北海道/東北

甲信越

東海/北陸

中国

四国

九州/沖縄

おすすめコンテンツ

全国高校偏差値ランキング
職業から有名人の出身高校を探す
有名人の名前から高校を探す

全国自治体別高校偏差値ランキング