柴崎岳の出身高校

柴崎岳 プロサッカー選手

柴崎 岳(しばさき がく、1992年5月28日 - )は、青森県出身のプロサッカー選手。Jリーグ・鹿島アントラーズ所属。ポジションはMF(ボランチ/攻撃的MF)。元日本代表。

地元の野辺地SSSへ参加し、サッカーを始める。小学6年の時に県大会優勝に貢献するなど、この頃から県内では名が知られていた。青森山田高校サッカー部の黒田剛監督は「一人だけ次元が違った。小学生なのにあれだけ周りが見えていて、プレーに変化をつけることが出来る」と、出会った当時の印象を語っている。黒田の勧誘を受けた柴崎は中学から親元を離れて青森山田中学に入学。中学3年でレギュラーの座を獲得すると、全国中学校サッカー大会でチームを準優勝に導く原動力となった。

青森山田高校に入学すると1年生にして、チームの司令塔として背番号10を背負う。2010年、2年生の時には1学年先輩である椎名伸志とボランチを組み、櫛引政敏らと共に第88回全国高等学校サッカー選手権大会で準優勝の成績を収めた。大会後、高校2年生の時点で鹿島アントラーズと仮契約し、2011年1月19日に正式契約を交わした。

2011年4月29日、J1第8節アビスパ福岡戦で後半40分からJリーグ初出場を果たした。10月9日、ナビスコカップ準決勝の名古屋グランパス戦で公式戦初得点を挙げ、決勝までの3試合全てで延長120分をスタメンフル出場した。

2012年11月3日、ナビスコカップ決勝の清水エスパルス戦で2得点を挙げる活躍を見せ、鹿島のナビスコカップ連覇に貢献し、最優秀選手賞を受賞。12月にはJリーグアウォーズにてベストヤングプレーヤー賞を受賞した。

2014年、チームメイトの遠藤康とともに、常陽銀行の9代目イメージキャラクターに就任。9月16日には、8月のJ1月間MVPを受賞。12月9日のJリーグアウォーズで、Jリーグベストイレブンを初受賞した。

2015年、第94回全国高校サッカー選手権の大会応援リーダーに就任した。

2009年11月にU-17日本代表として出場したFIFA U-17ワールドカップで背番号10を背負う。

2012年2月24日のキリンチャレンジカップ・アイスランド戦に向け、日本代表(A代表)メンバーに初選出された。

2013年7月15日、東アジアカップに出場する日本代表メンバーに選出され、1年5ヶ月ぶりの代表復帰となった。しかし、直後のJ1第17節・ジュビロ磐田戦で体調不良を訴え、19日に参加辞退が発表された。

2014年8月28日、キリンチャレンジカップの日本代表メンバーに選出された。9月9日、ベネズエラ戦で日本代表デビューを果たし、代表初得点も決めた。

2015年1月に開催されるAFCアジアカップ2015に臨む日本代表のメンバーに選出される。大会を通して先発出場する事はなかったが、準々決勝のUAE戦では後半から途中出場し、本田圭佑とのパス交換から同点弾となるミドルシュートを決める。PK戦においても3人目のキッカーとしてPKを成功させるが、PK戦の末にチームは敗れた。

その他の国際公式戦

国際Aマッチ 13試合 3得点 (2014年 - )

柴崎岳の出身高校

柴崎岳出身高校
青森山田高校 偏差値 青森県高校偏差値ランキング
プロサッカー選手ランキング
463位 / 815人中 プロサッカー選手別偏差値ランキング
性別
男性
生年月日
1992年5月28日生まれ

プロサッカー選手偏差値ランキング 職業から有名人の出身卒業高校を探す


プロサッカー選手一覧

プロサッカー選手偏差値ランキング

県別高校偏差値

関東

北関東

関西

北海道/東北

甲信越

東海/北陸

中国

四国

九州・沖縄

おすすめコンテンツ

全国高校偏差値ランキング
職業から有名人の出身高校を探す
有名人の名前から高校を探す

全国自治体別高校偏差値ランキング