柏尾誠一郎の出身高校

柏尾誠一郎 スポーツ選手

柏尾 誠一郎(かしお せいいちろう, 1892年1月2日 - 1962年9月6日)は、大阪府出身の男子テニス選手。旧制・大阪府立北野中学校(現大阪府立北野高等学校)、東京高等商業学校(現一橋大学)卒業。1920年のアントワープオリンピック アントワープ五輪において、テニスの男子ダブルスで熊谷一弥とペアを組み、日本人のスポーツ選手として史上初のオリンピック・メダルを獲得した選手として知られている。後にテニスの国際舞台でも活躍した清水善造は、柏尾と同じ東京高等商業学校庭球部のライバルであった。大学卒業後は三井物産に勤務し、ニューヨーク駐在員として働いた。柏尾は1918年と1919年の2度全米オープン (テニス) 全米選手権の男子シングルスに出場したが、1918年は3回戦、1919年は2回戦で敗退している。

柏尾誠一郎の出身高校

柏尾誠一郎出身高校
偏差値 高校偏差値ランキング
スポーツ選手ランキング
2498位 / 2540人中 スポーツ選手別偏差値ランキング
性別
男性

柏尾誠一郎の関連人物

スポーツ選手偏差値ランキング 職業から有名人の出身卒業高校を探す


スポーツ選手一覧

スポーツ選手偏差値ランキング

県別高校偏差値

関東

北関東

関西

北海道/東北

甲信越

東海/北陸

中国

四国

九州・沖縄

おすすめコンテンツ

全国高校偏差値ランキング
職業から有名人の出身高校を探す
有名人の名前から高校を探す

全国自治体別高校偏差値ランキング