林隆三の出身高校

林隆三 タレント

林 隆三(はやし りゅうぞう、1943年9月29日 - 2014年6月4日)は、日本の俳優・ナレーター。

女優の青木一子は元妻。女優・声優の林真里花は長女、元俳優の林征生は長男であり、政治家の岸宏一は従兄弟にあたる。

東京都新宿区四谷に生まれる。1961年に立教高等学校(現・立教新座高等学校)を中退後、1963年俳優座の俳優養成所に入り(第15期生)、1966年に卒業。

「三期会(現・東京演劇アンサンブル)」を経て、何本か端役でテレビドラマに出演した後、1970年に木下恵介・人間の歌シリーズ『俄』(TBS)に初主演。その後、平賀源内の青春時代を描いた『天下御免』(NHK)に出演し、人気を博する。

1974年には映画『妹』(藤田敏八監督)で秋吉久美子と共演し、その演技は注目を集める。1977年、津軽三味線の名手である高橋竹山の若き日を描いた『竹山ひとり旅』に、新藤兼人監督に請われて主演。その鬼気迫る演技で第1回日本アカデミー賞で主演男優賞を受賞。一躍スターと認められる。

その後、テレビドラマは『森村誠一シリーズ』『噂の刑事トミーとマツ』『夢千代日記』』『ザ・ハングマン』『誘惑』、映画は『時雨の記』『郡上一揆』などに出演している。

5歳から6年間、仙台市で暮らしたことがあり、2011年の東日本大震災後は復興支援活動にも積極的に参加している。前年に宮城・石巻市でロケを行い、撮影では現地のエキストラの協力の下、完成させた映画「エクレール・お菓子放浪記」の公開にあたって、ギャラを全額、同市復興のために寄付した。

2014年5月上旬には仕事とライブ用の衣装買い付けのためにニューヨークに渡航し、周囲に出演予定の時代劇への意欲を語るなど精力的だったという。5月28日、東京都目黒区内のライブハウスで開かれたコンサートで2時間半、17曲の演奏を終え、ライブハウスを出た直後に倒れ、病院へ搬送。復帰を目指していたが容体が悪化、同年6月4日朝、腎不全のため都内の病院で死去。70歳没。

7日に都内の斎場で通夜、8日に葬儀・告別式が営まれた。生前、林は「俳優林隆三としてプライベートのことは控え、終えたい」と話し、通夜・葬儀も近親者だけの予定だったが、葬儀には俳優座養成所同期の小野武彦や、高橋長英、秋野太作、歌舞伎俳優の片岡仁左衛門らが参列した。

遺作は医師・柴田相庵役を務めたNHK木曜時代劇「吉原裏同心」。

林隆三の出身高校

林隆三出身高校
立教新座高校 偏差値 埼玉県高校偏差値ランキング
タレントランキング
95位 / 2188人中 タレント別偏差値ランキング
性別
男性
血液型
A型

林隆三の関連人物

タレント偏差値ランキング 職業から有名人の出身卒業高校を探す

林隆三の評判・つぶやき

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 次のページ » 

タレント一覧

タレント偏差値ランキング

県別高校偏差値

関東

北関東

関西

北海道/東北

甲信越

東海/北陸

中国

四国

九州・沖縄

おすすめコンテンツ

全国高校偏差値ランキング
職業から有名人の出身高校を探す
有名人の名前から高校を探す

全国自治体別高校偏差値ランキング