林知己夫の出身高校

林知己夫 学者

林 知己夫(はやし ちきお、1918年6月7日 - 2002年8月6日)は、日本の統計学者。正四位勲二等理学博士。統計数理研究所第7代所長。社会調査・世論調査におけるサンプリング方法の確立を始め、数量化理論の開発とその応用で知られる。1990年代以降、データの科学(Data Science)を提唱し、その研究・思想は現在へと引き継がれている。 1942年(昭和17年)9月東京大学 東京帝国大学理学部数学科を卒業 1946年(昭和21年)12月統計数理研究所研究員。第2研究部長などを歴任。 1974年(昭和49年)3月より1986年(昭和61年)3月まで統計数理研究所長。:林は、第6研究部(行動に関する統計理論)の新設や施設の増設など、整備と運営に務め、国立大学共同利用機関への改組転換と総合研究大学院大学の創設準備に力した。

林知己夫の出身高校

林知己夫出身高校
偏差値 高校偏差値ランキング
学者ランキング
756位 / 1026人中 学者別偏差値ランキング
性別
男性
生年月日
1918年6月7日生まれ

林知己夫の関連人物

学者偏差値ランキング 職業から有名人の出身卒業高校を探す


学者一覧

学者偏差値ランキング

県別高校偏差値

関東

北関東

関西

北海道/東北

甲信越

東海/北陸

中国

四国

九州・沖縄

おすすめコンテンツ

全国高校偏差値ランキング
職業から有名人の出身高校を探す
有名人の名前から高校を探す

全国自治体別高校偏差値ランキング