林海象の出身高校

林海象 脚本家

林 海象(はやし かいぞう、1957年7月15日 - )は、日本の映画監督・映画プロデューサー・脚本家。男性。株式会社映像探偵社代表取締役社長、京都造形芸術大学芸術学部映画学科教授。

1986年にモノクロサイレント映画という異色の作品『夢見るように眠りたい』でデビューした。代表作は永瀬正敏主演の『私立探偵 濱マイク』シリーズなど。

京都府京都市生まれ。立命館中学校・高等学校を経て1977年立命館大学経済学部を中退。。

19才で上京し、27才までの間20数種のアルバイトをし、10数回の引っ越しをした。毎日500円以上使わないと決めた生活。社会の底辺をその日暮らしの生活で徘徊していた。

制作会社「映像探偵社」を起こし、1986年にモノクロ・字幕映画として撮った『夢みるように眠りたい』で映画監督デビュー。林はそれまで映画制作現場での経験が全くなかったものの、このデビュー作は高評価を得た。

その後、多くの作品の監督、脚本を手掛ける。1999年、文化庁新進芸術家在外研修員としてアメリカに留学。

監督作の多くに、探偵が登場するのも特徴である。代表作『アジアンビート』シリーズでは永瀬正敏を主演に起用。後の『私立探偵 濱マイク』シリーズの原型になった。

京都造形芸術大学芸術学部映画学科の教授に就任し、学生の指導に当たっている。2007年度より2011年度までは学科長を務めた。指導した学生には第64回ベルリン国際映画祭最優秀女優賞(銀熊賞)を受賞した黒木華などがいる。

「私の父と母は韓国からこの日本に渡ってきた。その時の父と母の気持ちはどういうものだったのだろう? と私は思う。そういう気持を一度は物語で書いてみたいというのが、この脚本を書くにあたっての出発点だった」と、2010年放送のNHKドラマ『大阪ラブ&ソウル〜この国で生きること』について出自を初めて明かした。

京都市左京区にある探偵の世界をテーマとしたバー「BAR探偵」のオーナーでもある。 

林海象の出身高校

林海象出身高校
立命館高校 偏差値 京都府高校偏差値ランキング
脚本家ランキング
22位 / 126人中 脚本家別偏差値ランキング
生年月日
1957年7月15日生まれ

林海象の関連人物

脚本家偏差値ランキング 職業から有名人の出身卒業高校を探す

林海象の評判・つぶやき

  • 根岸吉太郎

    根岸吉太郎 3年前

    自分でいうのもなんだけど、豪華。根岸吉太郎、林海象両監督の作品をとんがりビルオープンを記念して上映。澤登翠さんの活弁で「夢みるように眠りたい」映画祭以外では初上映「近代能楽集 葵上」と「卒塔婆小町」主演は中谷美紀と寺島しのぶ。 "
  • ぱ様@公開版。

    ぱ様@公開版。 3年前

    ううむ……林海象って感じだった_( ´ ω `_)⌒)_"
  • 市川絡繰

    市川絡繰 3年前

    @89sikin いやぁ長谷川和彦だって林海象だって,出て来た時には面白いと思えなかったですよ,少なくとも私はw そんなもんじゃないですかね."
  • Toki(UAV inbound)

    Toki(UAV inbound) 3年前

    林海象の濱マイク、またやらないかなあ。(^-^) "
  • ば

    3年前

    林海象監督の「夢みるように眠りたい」から約30年、当時はまだ「HOUSE」は未見だった。小さいながらもスクリーンで「HOUSE」を観て、鰐淵晴子さんを中心とした共通点があるのでは?と。残念ながら確認する為に引っ張り出す根性が無いw"
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10  次のページ » 

脚本家一覧

脚本家偏差値ランキング

県別高校偏差値

関東

北関東

関西

北海道/東北

甲信越

東海/北陸

中国

四国

九州・沖縄

おすすめコンテンツ

全国高校偏差値ランキング
職業から有名人の出身高校を探す
有名人の名前から高校を探す

全国自治体別高校偏差値ランキング