林千代作の出身高校

林千代作

林千代作 プロ野球選手

林 千代作(はやし ちよさく、1947年5月4日 - )は、神奈川県出身の元プロ野球選手(外野手)。

鎌倉学園高校では、1964年に夏の甲子園神奈川県予選の決勝戦に進出するが、武相高校に5-3で惜敗。この大会では準決勝、決勝とも本塁打を放った。翌年夏の県予選も準決勝で日大高に敗れ、甲子園大会には出場しなかったが、恵まれた体と長打力で各スカウトからマークされていた。在学中の公式戦打率は.323、本塁打は22本。

ノンプロ日本軽金属に入社が内定していたがこれを断り、1965年のドラフト2位で巨人に入団。入団一年目に初本塁打を放つが、これはドラフト制採用以後の巨人では、1993年に松井秀喜が11本塁打を記録するまで、高卒新人としては林のみが成し遂げたものである。その長打力は完成すれば王以上の逸材と期待されたがついに未完に終わった。

2010年に社会人野球のクラブチーム「横浜ベイブルース」の監督を務めた。

林千代作の出身高校

林千代作出身高校
鎌倉学園高校 偏差値 神奈川県高校偏差値ランキング
プロ野球選手ランキング
489位 / 4491人中 プロ野球選手別偏差値ランキング
性別
男性
生年月日
1947年5月4日生まれ

林千代作の関連人物

プロ野球選手偏差値ランキング 職業から有名人の出身卒業高校を探す


プロ野球選手一覧

プロ野球選手偏差値ランキング

県別高校偏差値

関東

北関東

関西

北海道/東北

甲信越

東海/北陸

中国

四国

九州/沖縄

おすすめコンテンツ

全国高校偏差値ランキング
職業から有名人の出身高校を探す
有名人の名前から高校を探す

全国自治体別高校偏差値ランキング