林健造の出身高校

林健造

林健造 プロ野球選手

林 健造(はやし けんぞう、1943年5月21日 - )は、京都府出身の元プロ野球選手。ポジションは内野手、外野手。

平安高校では1960年、2年生の時に控え捕手として夏の甲子園に出場。翌1961年にはレギュラー捕手となり、春の選抜の準決勝に進出するが、柴田勲投手のいた法政二高に敗れる。高校同期に阪本敏三がいる。

1962年に大洋ホエールズへ入団し、内野手に転向。1963年には第1回ジュニアオールスターに出場する。1965年に一軍に定着し、俊足で内外野をこなせる準レギュラーとして、地味ながら長く活躍した。1972年オフに日拓ホームフライヤーズへ移籍し、1973年に引退。

かつて、Number405号(1996年11月21日号)の江夏豊と野茂英雄対談の中で江夏本人がよく打たれた相手として挙げていた。その中で江夏は、林にだけタイミング良く打たれていたようで、林の当時の年俸は自分が払っていたようなものと言っていたほどだった。

林健造の出身高校

林健造出身高校
龍谷大学付属平安高校 偏差値 京都府高校偏差値ランキング
プロ野球選手ランキング
2028位 / 4491人中 プロ野球選手別偏差値ランキング
性別
男性
生年月日
1943年5月21日生まれ

プロ野球選手偏差値ランキング 職業から有名人の出身卒業高校を探す


プロ野球選手一覧

プロ野球選手偏差値ランキング

県別高校偏差値

関東

北関東

関西

北海道/東北

甲信越

東海/北陸

中国

四国

九州/沖縄

おすすめコンテンツ

全国高校偏差値ランキング
職業から有名人の出身高校を探す
有名人の名前から高校を探す

全国自治体別高校偏差値ランキング