板橋恵の出身高校

板橋恵 スポーツ選手

板橋 恵(いたばし めぐみ、1973年6月7日 - )は、日本の女子バレーボール選手。ニックネームはメグ。

宮城県黒川郡大和町出身。小学校3年生からバレーボールを始める。古川商業高校1年生からセッターに転向。2年生時にインターハイ優勝。東北福祉大学では1年生時にインカレ準優勝を経験した。

1996年日立佐和リヴァーレに入団。1998年全日本代表チームに初選出。1999年ワールドカップでは正セッターを務め、同大会で6位となった。2002年に一度現役を引退するが、2003年に現役復帰し、第11回Vリーグでサーブ賞を受賞、第55回黒鷲旗大会で準優勝へ導く。

2005年、5年ぶりとなる全日本復帰を果たした。同年のワールドグランプリ、ワールドグランドチャンピオンズカップに出場した。 2007年のアジア選手権で24年ぶりの優勝を経験した。

2009年5月、日立佐和リヴァーレを退団し、同年9月パイオニアレッドウィングスに移籍した。

2011年6月にパイオニアを退部し、同年11月に仙台ベルフィーユにコーチ兼選手として移籍した。同月、体調不良で総監督に退いた米田一典にかわり、選手兼任で監督に就任した。

2012年4月、仙台ベルフィーユ監督を退任し、同チームを退団。

東北福祉大学時代は主将としてチームを牽引した。或る日、監督の佐藤伊知子から「あなたは正セッターには使わない」と言われ、練習でも士気を失いかけたことがある。それを選手や監督から見透かされ「第2セッターに甘んじるのではなく、あくまでも自分が正セッターを取るぐらいの士気で臨まなければ、チームは進歩しない」と悟り、以後猛練習に励むようになり、監督からも全幅の信頼を得て正セッターの座を奪還した。

1 多治見麻子 | 3 津雲博子 | 5 江藤直美 | 6 大貫美奈子 | 8 熊前知加子 | 9 森山淳子 | 10 板橋恵 | 11 満永ひとみ | 12 大懸郁久美 | 13 佐々木みき | 14 櫻井由香 | 17 鈴木洋美 |

1 江藤直美 | 2 板橋恵 | 3 津雲博子 | 6 大貫美奈子 | 7 大懸郁久美 | 8 熊前知加子 | 9 森山淳子 | 11 満永ひとみ | 15 竹下佳江 | 16 高橋みゆき | 17 鈴木洋美 | 18 杉山祥子 |

板橋恵の出身高校

板橋恵出身高校
佐賀県立商業高校 偏差値 佐賀県高校偏差値ランキング
スポーツ選手ランキング
1942位 / 2540人中 スポーツ選手別偏差値ランキング
生年月日
1973年6月7日生まれ

スポーツ選手偏差値ランキング 職業から有名人の出身卒業高校を探す


スポーツ選手一覧

スポーツ選手偏差値ランキング

県別高校偏差値

関東

北関東

関西

北海道/東北

甲信越

東海/北陸

中国

四国

九州/沖縄

おすすめコンテンツ

全国高校偏差値ランキング
職業から有名人の出身高校を探す
有名人の名前から高校を探す

全国自治体別高校偏差値ランキング