松橋章太の出身高校

松橋章太 サッカー選手

松橋 章太(まつはし しょうた、1982年8月3日 - )は元サッカー選手。ポジションはFW。

小学校4年の時からサッカーを始めたが、中学の時は陸上部を掛け持ちしていた。その俊足は陸上専業の生徒顔負けで、全日本中学選手権の200mで3位、国民体育大会の少年男子Bの100mで5位(11秒06)に入るほどであったという。

中学卒業後サッカーの名門校・国見高校に1998年入学。1年時はシュートが苦手で、「はずし屋」とあだ名されていたこともあった。しかし、その後テクニックを磨き、3年時には大久保嘉人とのホットラインで、2000年度の全国高等学校サッカー選手権大会優勝、インターハイ優勝、国民体育大会優勝の3冠を獲得する。

高校選手権での活躍が買われ、2001年に大分トリニータに入団。しかしプロの当たりの激しさに戸惑い、数年は出場機会がほとんど無く持ち前の俊足を生かせずにいた。大久保がフル代表、アテネ五輪代表からスペイン進出まで果たしたのとは対照的な歩みであった。

2005年に大分市在住の女性と結婚、翌年長女をもうけた。このことが翌年の好調によい影響を与えたとする声もある(ちなみに同じく結婚し子供をもうけた大久保とは今でも親友で、子育てのことについて話をすることもあるという)。プロ入り6年目の2006年にようやくその素質が開花。J1第29節の鹿島戦でシーズン10点目を挙げ、高松大樹と共にクラブ史上初の日本人FWツートップの2桁ゴールを記録するなど、チームの攻撃の中心として貢献した。その活躍ぶりが日本代表監督イビチャ・オシムの目に留まり、代表の中東遠征の予備登録メンバーにリストアップされるまでになった。その後、2007年3月21日に代表初選出を果たした。

2006年12月9日、天皇杯の試合が諫早市の長崎県立で開催され、松橋や同じく大分に所属する梅崎司にとっては凱旋試合となった。試合はPK戦までもつれ、5人目の松橋が外して試合が決着した。松橋は涙が止まらず、地元凱旋試合としては苦い経験となった。

2歳下の弟、松橋優も大分へ入団、2007年4月4日のナビスコカップ(対FC東京戦)で章太は先発出場、優が84分に途中交代で出場し、短い時間ではあったがJリーグ初の「兄弟2トップ」が実現した。2007年7月にコンサドーレ札幌への移籍がささやかれ一部では移籍確実とまで報道されたが、大分側が突如方針転換し、最終的に破談となった。

2008年からはヴィッセル神戸への移籍が決まり、高校時代の同級生である大久保と再びチームメイトとなった。この年は出場5試合だけにとどまり、2009年もJ1第2節にゴールをあげたものの、その後ほとんど出番は回ってこず戦力外となった。

2010年1月14日、J2・ロアッソ熊本への完全移籍が発表された。2010年は主力として奮戦したが、2011年には出場機会が激減し、同年限りで退団。2012年、当時JFLのV・ファーレン長崎に移籍した。

2013年シーズンを最後に現役を引退した。

松橋章太の出身高校

松橋章太出身高校
国見高校 偏差値 長崎県高校偏差値ランキング
サッカー選手ランキング
1869位 / 1982人中 サッカー選手別偏差値ランキング
性別
男性
生年月日
1982年8月3日生まれ

サッカー選手偏差値ランキング 職業から有名人の出身卒業高校を探す


サッカー選手一覧

サッカー選手偏差値ランキング

県別高校偏差値

関東

北関東

関西

北海道/東北

甲信越

東海/北陸

中国

四国

九州/沖縄

おすすめコンテンツ

全国高校偏差値ランキング
職業から有名人の出身高校を探す
有名人の名前から高校を探す

全国自治体別高校偏差値ランキング