松宮隆行の出身高校

松宮隆行

松宮隆行 スポーツ選手

松宮 隆行(まつみや たかゆき、1980年2月21日 - )は日本の男子陸上競技(長距離走・マラソン)選手。コニカミノルタ陸上競技部⇒愛知製鋼陸上競技部所属。秋田県鹿角市出身、秋田県立花輪高等学校卒業。2008年北京オリンピック男子長距離トラック日本代表。男子5000mの元日本記録保持者。30km競走の前世界記録保持者である。

かつて共にコニカミノルタに所属した松宮祐行(2012年4月より日立物流に移籍)は双子の弟。兄弟ともに広島カープファンである。また花輪高校の先輩には、1993年世界陸上選手権女子マラソン金メダリストの浅利純子、2001年世界陸上選手権男子マラソン代表の高橋健一らがいる。

2006年(第90回)から2008年(第92回)まで、日本陸上競技選手権大会の男子5000mおよび10000mを3年連続2種目制覇した男子長距離トラックの日本チャンピオンである。卓越したスピードからロングスパートを仕掛け、先手を打って封じ込めるスタイルを持つ。2007年には世界陸上選手権大阪大会の日本代表に選出されたが、5000m予選で15着に終わり決勝進出はならなかった。2008年には北京オリンピック日本代表(他男子長距離代表は早稲田大学の竹澤健介)に選出。10000m決勝では中盤のペースアップについていけず31位、5000m予選では左足の靴が脱げ裸足で走るアクシデントもあり13着で予選敗退に終わった。

2003年2月熊日30キロロードレースを優勝、1時間28分36秒の世界最高記録をマークした。2004年1月にはIAAF(国際陸上競技連盟)がマラソンをはじめとするロード記録を世界記録として公認すると発表し、松宮の記録は世界記録となった。2005年2月の熊日30キロロードレースでは2年ぶり2度目の優勝を飾り、1時間28分00秒をマーク。世界記録を36秒更新している。その後マラソンにおける30km通過タイムをも世界記録として公認する変更があり、松宮の記録はハイレ・ゲブレセラシェにより11秒更新された。2007年7月、ベルギーでナイトオブアスレチックス5000mに出場し5位、13分13秒20をマークし高岡寿成の持つ日本記録を0秒20更新した。

2010年12月、福岡国際マラソンでは2時間10分54秒で日本人トップの3位に入ったが、翌2011年開催の世界陸上大邱大会男子マラソンの内定条件(2時間9分30秒未満)には届かず、世界陸上大会で自身初の男子マラソン代表は惜しくも逃した。また2012年2月にロンドンオリンピック男子マラソンの国内選考会・東京マラソン2012に出場したが、日本人トップで2位の藤原新が仕掛けた25Km付近からのロングスパートには対応出来なかった。松宮自身初めて2時間10分を切る2時間9分28秒をマークしたが、ロンドン五輪への日本男子代表選出はならなかった。

2013年2月、世界陸上大邱大会男子マラソン選考会の東京マラソン2013に出場。30Kmを過ぎて前田和浩らの先頭集団から徐々に離され、日本人2番手の9位に甘んじたが、自己ベスト記録を14秒更新。2013年12月、福岡国際マラソンに出場するも32Km付近で川内優輝らの先頭集団についていけず終盤失速、2時間16分16秒の13位に終わった。

松宮隆行の出身高校

松宮隆行出身高校
花輪高校 偏差値 秋田県高校偏差値ランキング
スポーツ選手ランキング
1864位 / 2540人中 スポーツ選手別偏差値ランキング
性別
男性
生年月日
1980年2月21日生まれ

松宮隆行の関連人物

スポーツ選手偏差値ランキング 職業から有名人の出身卒業高校を探す


スポーツ選手一覧

スポーツ選手偏差値ランキング

県別高校偏差値

関東

北関東

関西

北海道/東北

甲信越

東海/北陸

中国

四国

九州/沖縄

おすすめコンテンツ

全国高校偏差値ランキング
職業から有名人の出身高校を探す
有名人の名前から高校を探す

全国自治体別高校偏差値ランキング