東野英心の出身高校

東野英心 タレント

東野 英心(とうの えいしん、1942年1月31日 - 2000年11月14日)は、日本の俳優。旧芸名、東野 孝彦。俳優・東野英治郎の長男(養子)。妻は元女優の服部マリ。長男はミュージシャン・俳優の東野克(とうの かつ)。

東京市淀橋区大久保(現、東京都新宿区大久保)出身。身長170cm、体重83kg。成蹊高等学校卒業。

高校卒業後、俳優座養成所に第12期生として入所する(妻は養成所の1期後輩にあたる)。1962年、『青べか物語』で映画初出演を果たす。1965年から1975年までは東野孝彦の芸名で活動し、その後本名の英心に戻す。テレビ・映画への出演のかたわら後年は青少年育成活動での講演や、子ども向け番組を復活させる運動などに精力的に取り組んでいた。 中でも出張芝居は依頼があればどこでもやるというスタンスで、自身のライフワークでもあった。しかし2000年11月13日の夜、都内のレストランでの会食中に突然倒れ荏原病院に搬送される。高血圧が原因の高血圧性脳出血であった。病院に搬送されたときは意識があったものの容態が悪化し、手当ての甲斐なく翌日14日に死去。58歳没。

テレビ朝日系列で放映されたテレビドラマ『あばれはっちゃく』シリーズでは、主人公の小学生の少年「桜間長太郎」の厳格な父親役を演じていた。

東野孝彦名義で出演した『ウルトラマンタロウ』では明るいキャラクターを活かして荒垣修平副隊長役を好演し、大河ドラマ『花神』の井上聞多(馨)役では、尾藤イサオの小柄な伊藤俊輔(博文)と凸凹コンビを組んで元勲の青春像を演じる。

1980年代は、ETVの『中学生日記』で生徒に理解のある東教諭を演じている。

後年はこれらの経験から、各地の青少年育成団体から講演に招かれる事が多かった。特に「感性」について語る段になると、自ら履いている靴を脱ぎ素足で講演会場を歩きながら話す奇抜で斬新な講演を行い、教育関係者の関心を集めていた。また晩年は『あばれはっちゃく』のような子ども向け番組を復活させる運動などを展開していた。 上記のような役柄の多かった東野であるが、大役者であった父の英治郎が度々浮気をするなどしたため、学生時代はカミナリ族に所属する等非行に走っていたこともあったという。 彼が急逝した際、小・中学校時代の同級生だった女優の長山藍子は「(学生時代は)勉強は全然ダメだったけど、すごく性格の優しい人だった」と涙ながらに語っていた。

東野英心の出身高校

東野英心出身高校
成蹊高校 偏差値 東京都高校偏差値ランキング
タレントランキング
139位 / 2188人中 タレント別偏差値ランキング
性別
男性
生年月日
1942年1月31日生まれ

タレント偏差値ランキング 職業から有名人の出身卒業高校を探す

東野英心の評判・つぶやき

  • 羽木 正 4年前

    『秋刀魚の味の味』杉村春子東野英心は同じ姿勢ですすり泣きするんだね。"
  • かつひろ TL in Savagery 4年前

    東野英心に瓜二つな人とすれ違ってなんか泣きそうになった"
  • arato 4年前

    @DuckChanDona @kaji_masalue 自分の世代は見てる人が多かったような気が。東野英心は、ウルトラマンタロウに隊員役で出てたので、子供番組だとそっちの方が有名かもしれないすね~( ´ω`)"
  • 勝@JuilliardなBassのヒト 4年前

    @DuckChanDona 東野英心、ねw"
  • ATSUSHI 4年前

    @19721114Hichan 覚えてるに決まってんじゃんッ❗️バッキャロォー‼️ってねぇ〜"

タレント一覧

タレント偏差値ランキング

県別高校偏差値

関東

北関東

関西

北海道/東北

甲信越

東海/北陸

中国

四国

九州・沖縄

おすすめコンテンツ

全国高校偏差値ランキング
職業から有名人の出身高校を探す
有名人の名前から高校を探す

全国自治体別高校偏差値ランキング