東海林のり子の出身高校

東海林のり子

東海林のり子 コメンテーター

東海林 のり子(しょうじ のりこ、1934年5月26日 - )は、日本の芸能リポーターである。元ニッポン放送アナウンサーであり、ニッポン放送の第3期アナウンサーである。結婚前の名前は、青羽 のり子(あおば のりこ)。

埼玉県浦和市(現在のさいたま市)生まれ。埼玉県立浦和第一女子高等学校を経て、立教大学文学部英文学科卒業。

大学卒業後の1957年(昭和32年)、ニッポン放送に入社。1971年(昭和46年)に退社し、以後はフリーランスの芸能リポーターとして、主にテレビのワイドショーに出演するなどしている。

ニッポン放送時代の同僚・倉本聰と親しい。

ニッポン放送退社後は、テレビのワイドショーの事件レポーターとして活躍。そのレポート振りは、ナンシー関に「(凄惨な事件の現場や被害者の葬儀会場にて)悲しそうな表情で、涙を流しているにもかかわらず、声は鼻声にならず普段通りである。素晴らしいプロ技だ」と高く評価された。”現場の東海林です”という決まり文句で知られるが、”現場の東海林がお伝えしました”は、バラエティ番組ドラマ(再現ドラマ)でのみ使われるものである。

1989年(平成元年)、東京・埼玉連続幼女誘拐殺人事件で宮崎勤が逮捕された直後に行われたコミックマーケット36において、「TBSの番組でコミックマーケットのレポートに訪れた東海林が、10万人を超える参加者を背に『ここに10万人の宮崎勤がいます!』と発言した」と語られることがある。しかし、実際にそのシーンを収めた動画は2013年現在確認されておらず、東海林本人もこの発言を否定している。また、当時東海林がレポートを担当していたのはフジテレビのおはよう!ナイスデイである。

1995年(平成7年)に起こった阪神・淡路大震災のレポートを期にレポーターとしての活動に終止符を打つことを決意し、その後は司会業やワイドショーのコメンテーターを中心にタレント活動を展開し、現在に至る。しかしながら、リポーターとしての活動を辞めて10年以上経った現在でも、東海林のり子=リポーターのイメージは強く、バラエティー番組やドラマなどでは未だにリポーターの役をやることがある。

脳内エステ IQサプリ(フジテレビ)の問題中に登場することもあったほか、現在は携帯サイト 『梨元芸能!裏チャンネル』で、(特に女性)ユーザーのさまざまな悩みに答える相談コーナーのパーソナリティを務めている。

既婚であり、1971年(昭和46年)以降には子供ももうけている。

また、『X JAPAN』や、『GLAY』、『ペニシリン』など音楽バンドの熱狂的なファンとしても知られ、今ではロック音楽への造詣も深い。さらに、インディーズのバンドでも、ライブに足繁く通うことから、「ロックの母(ロッキンママ)」との異名も持つ。

2013年、ニコニコ動画生中継にて「hide Memorial Day Special 2013 hide talk summit」第二部の司会を御歳80歳でこなした。

ニッポン放送時代

独立後

東海林のり子の出身高校

東海林のり子出身高校
浦和第一女子高校 偏差値 埼玉県高校偏差値ランキング
コメンテーターランキング
30位 / 141人中 コメンテーター別偏差値ランキング
性別
女性
生年月日
1934年5月26日生まれ
血液型
A型

東海林のり子の関連人物

コメンテーター偏差値ランキング 職業から有名人の出身卒業高校を探す


コメンテーター一覧

コメンテーター偏差値ランキング

県別高校偏差値

関東

北関東

関西

北海道/東北

甲信越

東海/北陸

中国

四国

九州/沖縄

おすすめコンテンツ

全国高校偏差値ランキング
職業から有名人の出身高校を探す
有名人の名前から高校を探す

全国自治体別高校偏差値ランキング
就職ランキングナビ
大学偏差値ナビ
大学偏差値ランキング
中学偏差値ナビ
中学偏差値ランキング
埼玉県大学偏差値ランキング
埼玉県企業年収ランキング