東慶悟の出身高校

東慶悟 プロサッカー選手

東 慶悟(ひがし けいご、1990年7月20日 - )は、福岡県北九州市出身のプロサッカー選手。Jリーグ・FC東京所属。ポジションは主にミッドフィールダー。

兄の影響で6歳の時にサッカーを始める。中学校のコーチが大分トリニータスタッフの立石敬之の甥であり、同クラブを見学する機会を得て好印象を抱く。

当時は周囲とのレベル差もあって王様然としたプレースタイルが身に付いており、中学3年生時にU-15高円宮杯県予選でアビスパ福岡U-15に大敗したことを機に、高レベルの環境を求めてJリーグクラブのアカデミー入りを決心。

2006年より大分トリニータU-18へ加入。大きな環境の変化の中、オフ・ザ・ボールの動きの重要性を実感して意識を改め 練習に励んだ。

2009年、U-18からトップチームへ昇格。ランコ・ポポヴィッチ監督の下で、ボランチからトップ下やウイングなどの攻撃的なポジションに移されると、高卒ルーキーながら23試合に出場した。J1第20節名古屋戦でプロ初得点を記録。スコア1-1の試合終了間際、金崎夢生からのパスを浮かせて、GK楢崎正剛の横を抜くという劇的な決勝弾だった。2010年には、主力のほとんどが移籍した大分の中心選手として、J2で6得点を記録。U-21日本代表としても2010年アジア競技大会に出場し、日本の金メダル獲得に大きく貢献した。

2011年に大宮アルディージャへ完全移籍。同年、アルベルト・ザッケローニが指揮を執るA代表候補に初選出された。U-22/U-23日本代表としてもロンドンオリンピックのアジア2次予選及び最終予選の全8試合に先発出場し、予選突破に貢献。本大会でも背番号10を背負い、落ち着いたボール保持とFW永井謙佑の周囲のスペースを効果的に使う起点となるプレーで ベスト4入りを果たした。

大宮ではクラブの象徴的存在だった藤本主税からポジションを奪取。トップ下やサイドハーフを務めたものの、ボールを貰うため後方に下がらざるを得ず、守備の負担もあって、ゴール前でのチャンスメイクに専心できない場面もあった。大宮からの契約延長オファーを固辞し、2012年限りで退団。

鹿島、柏、C大阪などが獲得に動く中、恩師ポポヴィッチが監督を務め、梶山陽平の後釜を求めるFC東京が獲得に成功。加入早々にして東京のパスサッカーにフィットし、攻撃をリード。巧みな動き出しでスペースを作り FWを活かした。

2013年5月、複数のポジションでプレーでき、ゴールへ向かう積極性を評価されキリンチャレンジカップ及びワールドカップアジア最終予選に臨む日本代表に初めて選出された。

2014年はポジションを3ボランチの一角、インサイドハーフへと下げ、守備にも奔走。

2015年、9月5日に一般女性と入籍。

その他の国際公式戦

東慶悟の出身高校

東慶悟出身高校
大分東明高校 偏差値 大分県高校偏差値ランキング
プロサッカー選手ランキング
265位 / 815人中 プロサッカー選手別偏差値ランキング
性別
男性
生年月日
1990年7月20日生まれ

プロサッカー選手偏差値ランキング 職業から有名人の出身卒業高校を探す


プロサッカー選手一覧

プロサッカー選手偏差値ランキング

県別高校偏差値

関東

北関東

関西

北海道/東北

甲信越

東海/北陸

中国

四国

九州/沖縄

おすすめコンテンツ

全国高校偏差値ランキング
職業から有名人の出身高校を探す
有名人の名前から高校を探す

全国自治体別高校偏差値ランキング