東利夫の出身高校

東利夫

東利夫 プロ野球選手

東 利夫(あずま としお、1960年4月6日 - )は、奈良県桜井市出身の元プロ野球選手・審判。1979年に奈良県立桜井商業高等学校 桜井商業高校(現在の奈良県立奈良情報商業高等学校)を卒業し、ドラフト外で阪神タイガースに捕手として入団、のち内野手に転向したが一軍出場がないまま引退し、1985年にパシフィックリーグ パ・リーグ審判部に入局した。審判員袖番号は6(※ 1986年から、6は1977年初採用から1985年死去まで加藤昌利がつけていた番号である。)。現在は同リーグ審判部主任である。2005年シーズン終了時までの通算試合出場数は1575、オールスターゲーム (日本プロ野球) オールスターゲーム3回、日本選手権シリーズ 日本シリーズ6回出場している。日本シリーズには目下4年連続出場中、もはや中心審判の1人となっている。大柄な体格でセンスもあり、これからの活躍が期待されるところである。

東利夫の出身高校

東利夫出身高校
奈良情報商業高校 偏差値 奈良県高校偏差値ランキング
プロ野球選手ランキング
3481位 / 4491人中 プロ野球選手別偏差値ランキング
性別
男性
生年月日
1960年4月6日生まれ

東利夫の関連人物

プロ野球選手偏差値ランキング 職業から有名人の出身卒業高校を探す


東利夫の関連著書

プロ野球選手一覧

プロ野球選手偏差値ランキング

県別高校偏差値

関東

北関東

関西

北海道/東北

甲信越

東海/北陸

中国

四国

九州/沖縄

おすすめコンテンツ

全国高校偏差値ランキング
職業から有名人の出身高校を探す
有名人の名前から高校を探す

全国自治体別高校偏差値ランキング