村松幸雄の出身高校

村松幸雄

村松幸雄 プロ野球選手

村松 幸雄(むらまつ ゆきお、1920年3月6日 - 1944年7月25日)は、静岡県出身のプロ野球選手。ポジションは投手。

掛川中では当時の東海地区No.1投手と言われていた、1938年に第24回全国中等学校優勝野球大会へ4番主将として出場し、同大会の選手宣誓も務めた。試合は1回戦で香川県の坂出商業と対戦したが2対0で惜敗した。

卒業後は慶應義塾大学からの誘いもあったが家庭の事情もあってプロ野球へ進む事を決意し、1939年に名古屋軍へ入団した。

1年目は5勝に終ったが、2年目となる1940年に21勝を挙げた。翌年も12勝を挙げ、名古屋軍のエースとしてチームを支えた。

1941年11月30日に職業野球東西対抗戦へ登板したが、これが村松のプロ野球での最後のピッチングとなった。

1942年2月に召集され、豊橋陸軍予備士官学校へ派遣される。1943年に満州国に渡り、1944年はグアム島に渡った。

1944年7月25日にグアム島で米軍に狙撃され24歳の若さで戦死した。共にプロ野球でプレーしていた坪内道典は「戦後もし生きていればチームのエースとして投げまくっていただろう」と村松を惜しんでいた。彼がつけていた背番号18は、戦争が終わった後の1948年まで誰もつけなかったという。

東京ドーム敷地内にある鎮魂の碑に、彼の名前が刻まれている。

村松幸雄の出身高校

村松幸雄出身高校
掛川西高校 偏差値 静岡県高校偏差値ランキング
プロ野球選手ランキング
415位 / 4491人中 プロ野球選手別偏差値ランキング
性別
男性
生年月日
1920年3月6日生まれ

プロ野球選手偏差値ランキング 職業から有名人の出身卒業高校を探す


プロ野球選手一覧

プロ野球選手偏差値ランキング

県別高校偏差値

関東

北関東

関西

北海道/東北

甲信越

東海/北陸

中国

四国

九州/沖縄

おすすめコンテンツ

全国高校偏差値ランキング
職業から有名人の出身高校を探す
有名人の名前から高校を探す

全国自治体別高校偏差値ランキング