村松友視の出身高校

村松友視

村松友視 作家

村松 友視(むらまつ ともみ、1940年4月10日 - )は、日本の作家(「視」の字は正しくは「示」の右に「見」)。東京都で生まれ、静岡県清水市(現・静岡市清水区)で育つ。静岡県立静岡高等学校、慶應義塾大学文学部哲学科卒業。中央公論社の編集者として伊丹十三のサロンに出入りをしていた。また吉行淳之介の担当編集者でもあった為に行動を共にする事が多く、吉行伝説の語り部の一人でもある。会社を辞めて作家として独立。純文学の作品と並行して、糸井重里の助言もあり少年時よりの趣味であったプロレス観戦をテーマにしたエッセイ『私、プロレスの味方です』を1980年に発表。結果として本書は爆発的に売れてベストセラーとなる。あくまで本書は私的な感情を込めたプロレス観戦の勧めであった。

村松友視の出身高校

村松友視出身高校
静岡高校 偏差値 静岡県高校偏差値ランキング
作家ランキング
128位 / 702人中 作家別偏差値ランキング
性別
男性
生年月日
1940年4月10日生まれ

村松友視の関連人物

作家偏差値ランキング 職業から有名人の出身卒業高校を探す

村松友視の評判・つぶやき

  • きつネ工房

    きつネ工房 3年前

    【過去に読んだ本からの抜粋集】芝居せんべい 村松友視けっきょく相手の気持ちになるっていうことはできないんだよ。それならば、自分の気持ちに忠実になった方がいいってわけだ。by きつネ工房 "
  • リュブレッズ

    リュブレッズ 3年前

    トニー谷は自分の逆境を芸に昇華した天才。20年位前に村松友視が書いた評伝「トニー谷ざんす」を読むとよくわかる。実家にまだ残っているかな。。村松さんのインタビューをどこかで読んだのがきっかけだった。"
  • カヌー犬ブックス

    カヌー犬ブックス 3年前

    【読書メモ】「黄昏のムービーパレス」(村松友視)読了。テレビの一般化、ビデオの発売と映画業界が斜陽になった80年代後半、全国の映画館を訪ね経営者に話を聞く。大正から昭和の初期に建てられて映画館が大半で、戦後映画館に人が集まってきた頃のことを懐かしく話すが、今はもうないんだろうな。"
  • レディスBOOK

    レディスBOOK 3年前

    【【直木賞受賞作家】】俵屋の不思議 村松友視 (87回) "
  • nagotake

    nagotake 3年前

    @tyawonigosu プロレスファンで有名な直木賞作家の村松友視さんの言葉に「プロレスはプロセスだ」というのがあります。そう打ち間違えた時点で、もう立派なプロレスファンです。笑"
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10  次のページ » 

村松友視の関連著書

作家一覧

作家偏差値ランキング

県別高校偏差値

関東

北関東

関西

北海道/東北

甲信越

東海/北陸

中国

四国

九州/沖縄

おすすめコンテンツ

全国高校偏差値ランキング
職業から有名人の出身高校を探す
有名人の名前から高校を探す

全国自治体別高校偏差値ランキング