村上雅則の出身高校

村上雅則

村上雅則 プロ野球選手

村上 雅則(むらかみ まさのり、1944年5月6日 - )は、山梨県出身の元プロ野球選手(投手)、野球指導者、野球解説者。

日本人初のメジャーリーガーとして有名。メジャー時代の愛称は「マッシー・ムラカミ」。

法政二高では2年生の時、1961年春の選抜にエース柴田勲の控え投手として出場。準決勝の平安戦で柴田をリリーフして登板。この大会で法政二高は、決勝で高松商を降し、前年からの夏春連覇を達成する。柴田以外のチームメートに的場祐剛中堅手、是久幸彦三塁手がいた。法政二高は同年夏の甲子園にも出場するが、村上の出番はなかった。翌1962年の夏はエースとして県予選準決勝に進出するが、慶應高に敗退、甲子園には届かなかった。

しかし、南海ホークスの鶴岡一人の目に留まり、1962年9月に南海と契約を結ぶ。プロ2年目の1964年、アメリカ合衆国のメジャーリーグ・サンフランシスコ・ジャイアンツ傘下の1Aフレズノに野球留学で派遣された。この時、ジャイアンツはメジャー昇格者が出た場合、1万ドルの金銭トレードで契約できるという条項を入れたが、南海側は昇格者が出るわけがないと高をくくっていた。

アメリカに渡った当初は英語がほとんどわからず、辞書を使ってチームメイトと会話をしていたという。当初派遣は6月中旬までの予定だったが、そのままフレズノでプレーしていた。この年の南海はジョー・スタンカ、杉浦忠の両輪に野村克也や広瀬叔功を擁して日本一になるなど戦力は充実しており、南海からの帰還要請はなかった。

同年8月31日、突然メジャー昇格を言い渡される。サンフランシスコ・ジャイアンツの遠征先であるニューヨーク行きの航空券を渡されてそのまま空港へというあわただしい状況だったという。ニューヨークに着くと、チームの関係者から「契約書にサインをするように」と言われて契約の中身もわからずサインをした村上は、翌9月1日の対ニューヨーク・メッツ戦に日本人として初めてメジャー登板を果たした。

村上雅則の出身高校

村上雅則出身高校
法政大学第二高校 偏差値 神奈川県高校偏差値ランキング
プロ野球選手ランキング
222位 / 4491人中 プロ野球選手別偏差値ランキング
性別
男性
生年月日
1944年5月6日生まれ

村上雅則の関連人物

プロ野球選手偏差値ランキング 職業から有名人の出身卒業高校を探す


プロ野球選手一覧

プロ野球選手偏差値ランキング

県別高校偏差値

関東

北関東

関西

北海道/東北

甲信越

東海/北陸

中国

四国

九州/沖縄

おすすめコンテンツ

全国高校偏差値ランキング
職業から有名人の出身高校を探す
有名人の名前から高校を探す

全国自治体別高校偏差値ランキング