杉村春子の出身高校

杉村春子

杉村春子 タレント

杉村 春子(すぎむら はるこ、1906年(明治39年)1月6日 - 1997年(平成9年)4月4日)は、広島県広島市出身の新劇の女優。本名は石山 春子(いしやま はるこ)。旧姓は中野(なかの)。

築地小劇場より始まり文学座に至る日本の演劇界の屋台骨を支え続け、演劇史・文化史に大きな足跡を残した、日本を代表するカリスマ女優。称号は東京都名誉都民。

遊女の私生児として広島市の色街に出生。幼時に母親が死んだため、材木商の養女にもらわれ何不自由なく育つ。当時のお金で800円のピアノを買ってもらう。

山中高等女学校(現・広島大学付属福山高)卒業後、声楽家になるべく上京して東京音楽学校(現・東京芸術大学)を受験するが、2年続けて失敗。広島に戻り広島女学院で音楽の代用教員をしていたが、築地小劇場(俳優座の前身)の旅芝居を見て感動。1927年、再び上京してテストを受けるが、広島訛りがひどくまたも不合格になるも、『何が彼女をそうさせたか』の オルガン弾きの役(台詞無し)で採用され築地小劇場最後の研究生となった。築地小劇場が分裂・解散した後は友田恭助らの築地座に誘われて参加、1935年の舞台『瀬戸内海の子供ら』で好演した。

築地座の解散後の1937年、岸田国士、久保田万太郎、岩田豊雄らが創立した劇団文学座の結成に参加。1940年に『ファニー』で主役を演じて以降、同劇団の中心女優となった。また、文学座以外の舞台にも出演し、日本演劇界の中心的存在として活躍した。

1945年4月、東京大空襲下の渋谷東横映画劇場で初演された森本薫作『女の一生』の布引けいは当たり役となり、1990年までに上演回数は900回を超え、日本の演劇史上に金字塔を打ち立てた。作中の台詞 "だれが選んでくれたんでもない、自分で歩き出した道ですもの-" は、生涯"女優の一生"を貫いた杉村の代名詞として有名。

そのほか『欲望という名の電車』のブランチ役(上演回数593回)、『華岡青洲の妻』の於継役(上演回数634回)、『ふるあめりかに袖はぬらさじ』のお園役(上演回数365回)、『華々しき一族』の諏訪役(上演回数309回)などの作品で主役を務め、『女の一生』と並ぶ代表作となった。

1948年には「女の一生」により演劇部門で戦後初の日本芸術院賞を受賞した。

1967年の『女の一生』の再演は文学座が立ち直るきっかけとなった。経営の苦労を身に染みて知る杉村はお客を大切にした。このことは新劇の商業演劇進出の走りといわれる。

舞台以外にも映画・テレビでも幅広く活躍。映画初出演は築地小劇場時代の1927年に小山内薫が監督をした『黎明』か1932年、初代水谷八重子と共演した『浪子』か、1937年、松竹の『浅草の灯』か、文献によって記述が異なる。

戦後、黒澤明、木下惠介、小津安二郎、成瀬巳喜男、豊田四郎などの名監督たちから、既存の映画俳優には無い自然でリアルな演技力を高く評価され、日本映画史を彩る100本以上の名作に出演、映画史にもその名を刻んだ。森雅之と共に最も映画に貢献した新劇俳優でもある。

特に、『東京物語』『麦秋』をはじめとする小津安二郎作品の常連でもあり、小津組でたった一人、読み合わせへの不参と"縫い"(かけ持ち)を許された俳優であった。

1995年、当時89歳で新藤兼人の『午後の遺言状』で主演し、毎日映画コンクール、日刊スポーツ映画大賞、キネマ旬報で主演女優賞を受賞している。

杉村は多くの演劇人の目標であった。

高峰秀子は『小島の春』を観た際に杉村の演技に感動、「仕方なしにやっていた(本人談)」役者稼業に以後本気で取り組むようになったという逸話も残す。 森光子もやはりこの映画の杉村の演技に大きな衝撃を受け、これ以上の衝撃を以降感じたことはないと話している。森は「演技の師匠を持たない私が、心から尊敬しお手本としたのは10代から憧れた杉村先生ただ一人です。時代劇の娘役の頃からいつか近づきたいとひそかに思い続けてきました」と話している。

成瀬巳喜男監督『流れる』で共演した山田五十鈴は、「あの映画の杉村さんの芝居は、ぜんぶ杉村さんがお考えになったもの。そういうことが許されるようになった時代です。それこそ役者の力量が問われる時代になってきたんです」と述べている。

気が強いことで有名だった岡田茉莉子の名前を冠した「岡田茉莉子シリーズ」が1965年2月~4月までTBS・金曜劇場枠で全13回放送され、この第3回『猫のいる家』(1965年2月19日放送)で、岡田自ら杉村との共演を希望した。しかしさすがの岡田も杉村の前であがり、最初の稽古のときメロメロになり、セリフ合わせでトチり、キッカケは間違うしで、「この大スターにして杉村春子にガタガタするのか」と、岡田にビビッていた演出の大山勝美も気が楽になったと話している。 

若尾文子は「杉村春子さんは特別な存在」と話し、杉村の代表作『華々しき一族』を熱望し2008年に演じた。

勝新太郎は杉村を大崇拝し、「杉村と共演した勝は『はい、はい』と杉村の言うことは何でも聞いていた」と石井ふく子は話している。

吉永小百合は美しい所作の先生は杉村と話している。また舞台を一度もやっていない理由について、20代半ばで市川團十郎との舞台の共演を病気で断ったことと、杉村や坂東玉三郎らの舞台を見過ぎてしまい、これから勉強して舞台に立つのは無理かなという思いがしたことを挙げている。

テレビで共演作品の多い劇団民藝の奈良岡朋子は、「文学座の方には申し訳ないけれど、私が一番芝居を教えていただいた」と述べている。

杉村の付き人として小津安二郎監督の『秋刀魚の味』の撮影を観たという樹木希林は、2011年、第34回日本アカデミー賞で最優秀助演女優賞を受賞して「50年ほど前に役者を始めた時に杉村春子さんに『役者は定年がない』と言われました。今、しみじみそう思います」と語った。

1933年に5歳年下で慶応大学出身の医学生である長広岸郎と結婚したが、1942年に結核で亡くなっている。『女の一生』などを書いた劇作家の森本薫の愛人でもあったが、森本も1946年に結核で亡くなった。1950年に10歳年下の医者である石山季彦と結婚するも、1966年にこれまた結核で亡くなっている。

1974年、杉村は女優としては東山千栄子、初代水谷八重子に次いで3人目の文化功労者に選ばれた。

1995年には文化勲章授章決定の内示を受けたが、「勲章は最後にもらう賞、自分には大きすぎる。勲章を背負って舞台に上がりたくない、私はまだまだ現役で芝居がしていたいだけ」「戦争中に亡くなった俳優を差し置いてもらうことはできない」とこれを辞退。周りの者がいくら説得しても聞く耳持たずだった。

1996年日本新劇俳優協会会長に就任。

杉村は70年の芸能生活で仕事を一度も降りたことがなかったが、1997年1月19日にNHKドラマ『棘・おんなの遺言状』の収録中に貧血と腰痛を訴えて入院し降板、代役は南美江が勤めた。2月に入り文学座の会見では十二指腸潰瘍と発表されたが、そのときすでに医師から膵臓癌でもあることが文学座の社長の梅田濠二郎、戌井市郎や北村和夫・江守徹など親しい者にだけ知らされていたという。3月に新橋演舞場で予定されていた『華岡青洲の妻』も、チケットが発売されている中での緊急降板となり、代役は藤間紫が勤めた。しかし病室では簡単なストレッチをしたり、男性の見舞い客が来ると聞くと長い時間をかけてお化粧をしたりと、常に弱っている姿を見せまいと気丈に振る舞っていたという。

3月16日から意識が混濁し、4月4日午前0時30分、頭部膵臓癌のため東京都文京区の日本医科大学付属病院で死去、満91歳。最期を看取ったのは養女のヒロと、当時70歳の長年親しくしていたファンの女性だけだった。本人には癌であることを知せなかったため、死去の直前まで台本を読んでおり、最期まで女優であり続けた。死後、政府から銀杯一組が贈られた。

杉村の死後1998年、若手演劇人の育成に力を注いだ杉村の遺志を尊重し、新人賞的意味合いを持つ杉村春子賞が新たに創設された。

杉村春子の出身高校

杉村春子出身高校
広島大学附属福山高校 偏差値 広島県高校偏差値ランキング
タレントランキング
20位 / 2188人中 タレント別偏差値ランキング
性別
女性
生年月日
1906年(明治39年)1月6日生まれ

杉村春子の関連人物

タレント偏差値ランキング 職業から有名人の出身卒業高校を探す

杉村春子の評判・つぶやき

  • yukitão

    yukitão 2年前

    @wakitayoji 僕の中では電車の中での若人の偶然の出会いがシャックリを止めた!みたいなストーリーが出来上がっていたのですが、嬢では無いということで、キャストが杉村春子に変更されました(笑)"
  • ユリウス JPMcCARTNEY

    ユリウス JPMcCARTNEY 2年前

    ギョロメ以外 取り柄の無い(ー_ー)!! 仲代達也が文化勲章は驚いたが、陛下臨席の受章式欠席は実に不遜なり(@_@;) マスコミで問題にされて無いが。。反日左翼婆 杉村春子の男版か~?:昭和怪盗傳 - YouTube "
  • サリエリコ

    サリエリコ 2年前

    杉村春子を堪能する映画って何でしょうか?教えてほしいです。晩春、麦秋、わが青春に悔なし、は観ました。"
  • ザンポンアキナリ

    ザンポンアキナリ 2年前

    『東京物語』観賞これが3回目の観賞。高校生の時、5年位前、今回。最初は「白黒だ」「親子なのによそよそしいな」とかそんな感じ。2回目はラストの原節子の告白にホロリ。今回は東山千栄子の母性と杉村春子の芸達者振りに感じ入った70年前の作品だが古さを感じない、さすが小津マジック"
  • どすこい!スイカマン

    どすこい!スイカマン 2年前

    『東京物語』自分の生活が一番大事になっていくからこそ家族ってのは時を重ねる毎につまらなくなっていく.杉村春子さんみたいなオバちゃん親戚におるからよく分かるなぁ(自分含め).時と共に希薄化する家族関係を受容することを未亡人の原節子に"形見の時計"を託すことで示すラストが巧いよね."
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10  次のページ » 38

タレント一覧

タレント偏差値ランキング

県別高校偏差値

関東

北関東

関西

北海道/東北

甲信越

東海/北陸

中国

四国

九州/沖縄

おすすめコンテンツ

全国高校偏差値ランキング
職業から有名人の出身高校を探す
有名人の名前から高校を探す

全国自治体別高校偏差値ランキング
就職ランキングナビ
大学偏差値ナビ
大学偏差値ランキング
中学偏差値ナビ
中学偏差値ランキング
広島県大学偏差値ランキング
広島県企業年収ランキング