杉本恵太の出身高校

杉本恵太 サッカー選手

杉本 恵太(すぎもと けいた、1982年6月13日 - )は、茨城県潮来市出身のサッカー選手。ポジションはフォワード。

茨城県立鹿島高等学校から流通経済大学へと進んだ後、大学4年の時(2004年)に大宮アルディージャの特別指定選手になったが、サテライトゲームに出場しただけで公式戦の出場はなかった。大学卒業後の2005年に名古屋グランパスエイトに入団。デビュー戦は3月13日のJ1第2節ジュビロ磐田戦で、怪我を負ったウェズレイに代わって出場、プロ入り初ゴールを決める。その後、主力外国人選手の相次ぐ退団もあって出場機会は増え、ルーキーながら年間を通じての活躍を果たした。シーズン中には、当時の監督であるネルシーニョが「秘策」として右サイドバックに起用したことがあったが、付け焼き刃ながらもまずまずの動きを見せた。

2006年は柏レイソルから加入した日本代表FW玉田圭司との2トップを組んだ。3月13日、愛知県出身の女性と入籍したことを発表した(3月13日はプロ入り初ゴールを決めた日付でもある)。9月30日、駒場スタジアムで行われた大宮アルディージャ戦にてプロ入り後初となるハットトリックを決める。翌2007年には、5月13日に日本代表合宿に初招集される。

2008年に就任したストイコビッチ監督から、スーパーサブとして絶対的な信頼を受ける。前年は出場した34試合中26試合が先発出場 であったが、2008年は出場した33試合中26試合に途中出場であった。7ゴールをマークした。

2009年1月17日から26日にかけて、ポルトガルリーグ2部ボアヴィスタFCの練習に参加。ミニゲームや紅白戦で計3ゴールを決めるなど、チーム首脳陣からも高評価を得るとともに、杉本自身も大きな手ごたえを感じて帰国した。シーズン中はサイドハーフとしても起用された。

2010年シーズン終了と共に、契約満了により名古屋を退団(戦力外により契約更新に至らず)。2011年シーズンは徳島ヴォルティスに加入も出場機会に恵まれず2年で再び契約満了により徳島を退団。その後2013年3月に日本フットボールリーグに所属するHOYO大分に加入が決まった。

2013年末をもってH大分を退団し、タイ・プレミアリーグ・チェンライ・ユナイテッドFCへ移籍することになった。

杉本恵太の出身高校

杉本恵太出身高校
鹿島高校 偏差値 佐賀県高校偏差値ランキング
サッカー選手ランキング
795位 / 1982人中 サッカー選手別偏差値ランキング
性別
男性
生年月日
1982年6月13日生まれ

サッカー選手偏差値ランキング 職業から有名人の出身卒業高校を探す


サッカー選手一覧

サッカー選手偏差値ランキング

県別高校偏差値

関東

北関東

関西

北海道/東北

甲信越

東海/北陸

中国

四国

九州/沖縄

おすすめコンテンツ

全国高校偏差値ランキング
職業から有名人の出身高校を探す
有名人の名前から高校を探す

全国自治体別高校偏差値ランキング