杉本公孝の出身高校

杉本公孝出身高校
岩国高校 偏差値
山口県高校偏差値ランキング
プロ野球選手ランキング
580位/4491人中(プロ野球選手)
性別
男性
生年月日
1938年7月4日生まれ
プロ野球選手別偏差値ランキングを見る

杉本 公孝(すぎもと きみたか、1938年7月4日 - )は、山口県出身の元プロ野球選手。ポジションは内野手。

岩国高校から立教大学へ進学。東京六大学リーグでは長嶋茂雄の後継三塁手として立大黄金期後半を支え、在学中5回優勝、全日本大学野球選手権大会2回優勝。リーグ通算79試合出場、283打数72安打、打率.254、3本塁打。1958年春季リーグでベストナイン(三塁手)に選出された。

1961年に国鉄スワローズへ入団。この年就任した砂押邦信監督からレギュラー遊撃手に抜擢される。1963年は豊田泰光の移籍によって定位置を奪われ、15試合の出場に留まったが、1964年には土屋正孝に代り二塁手のレギュラーとして復活。同年は初めて規定打席に達した(28位、打率.223)。しかし翌年には岡嶋博治が移籍入団。出場機会が減少し1966年に大洋ホエールズへ移籍した。ここでは活躍の場に恵まれず1967年限りで引退。

杉本公孝の関連人物

プロ野球選手偏差値ランキング 職業から有名人の出身卒業高校を探す


プロ野球選手一覧

プロ野球選手偏差値ランキング

高校偏差値を検索!(サイト内検索)
県別高校偏差値

関東

北関東

関西

北海道/東北

甲信越

東海/北陸

中国

四国

九州・沖縄

おすすめコンテンツ

全国高校偏差値ランキング
職業から有名人の出身高校を探す
有名人の名前から高校を探す

全国自治体別高校偏差値ランキング