杉山茂の出身高校

杉山茂 プロ野球選手

杉山 茂丸(すぎやま しげまる、1864年8月15日 - 1935年7月19日)は、明治から大正、昭和初期にかけて、それぞれの時代の政界実力者と結び、経済や外交、内政などにさまざまな献策を行った人物である。自らは官職も議席も持たない在野の浪人であったが、山県有朋、松方正義、井上馨、桂太郎、児玉源太郎、後藤新平、寺内正毅らの参謀役を務め、政界の黒幕などと呼ばれた。長男は作家の夢野久作。孫はインド緑化の父と言われる杉山龍丸。号は其日庵。戒名は其日庵隠忠大観居士。福岡藩士杉山三郎平の長男として、現在の福岡市天神あたりで出生。明治3(1870)年ごろ、父の帰農に従って遠賀川河口の芦屋村に移住、その後筑紫郡山家や朝倉郡夜須村などを転住。民約論や仏蘭西革命史などを読んで政治に目覚め、明治13(1880)年、諸国巡遊に旅立ち、初めて東京へ。この間、山岡鉄舟の門人となり、また後藤象二郎や大井憲太郎などと知遇を得た。滞京一年半で帰郷するが、明治17(1884)年、熊本の佐々友房から旅費を借りて上京、伊藤博文を悪政の根源、藩閥の巨魁と目してその暗殺を企て、山岡鉄舟の紹介状を持って面会に成功するが、逆に説伏されて断念した。(杉山茂丸『其日庵叢書第一編』『俗戦国策』『百魔続編』、室井広一『杉山茂丸論ノート』など)

杉山茂の出身高校

杉山茂出身高校
銚子商業高校 偏差値 千葉県高校偏差値ランキング
プロ野球選手ランキング
3025位 / 4491人中 プロ野球選手別偏差値ランキング
性別
男性
生年月日
1864年8月15日生まれ

杉山茂の関連人物

プロ野球選手偏差値ランキング 職業から有名人の出身卒業高校を探す


杉山茂の関連著書

プロ野球選手一覧

プロ野球選手偏差値ランキング

県別高校偏差値

関東

北関東

関西

北海道/東北

甲信越

東海/北陸

中国

四国

九州・沖縄

おすすめコンテンツ

全国高校偏差値ランキング
職業から有名人の出身高校を探す
有名人の名前から高校を探す

全国自治体別高校偏差値ランキング