本間勝の出身高校

本間勝

本間勝 プロ野球選手

本間 勝(ほんま まさる、1939年5月1日 - )は愛知県岡崎市出身の元プロ野球選手。

中京商業(現:中京大中京高校)では2年生の時、1956年の春夏の甲子園に連続出場。春の選抜は安井勝(立大-丸善石油)の控え投手で、決勝では県岐阜商を破り優勝するが、登板機会はなかった。夏の選手権では安井との二本柱に成長、準々決勝で米子東に敗れるが、2試合にリリーフとして登板した。この時の捕手は鈴木孝雄。翌1957年も同期の小川敏明とバッテリーを組み、夏の甲子園県予選決勝に進出するが、津島商工に敗退。

高校の1年先輩に星山晋徳がおり、本間と星山の二人併せて、1957年11月8日に大阪タイガースへの入団が発表された。プロ3年目の1960年に先発・中継ぎ双方併せて47試合に登板。初勝利を含む13勝を挙げる。翌1961年も8勝を挙げたが、13敗を喫した。1962年は12試合の登板に終わったが、1963年は38試合に登板、5勝を挙げた。1964年以降は、中継ぎでの登板が大部分となる。同年には、王貞治に4打席連続本塁打の4本目を打たれた。しかし、本間は王との相性はよく、王と53打席対戦して被本塁打はこの1本のみであった。1965年は13試合の登板に終わり、オフに西鉄ライオンズに安部和春とのトレードで移籍。移籍一年目の1966年は主に中継ぎとして登板し、防御率1点台を記録した。しかし1967年は僅か4試合の登板に終わり、同年オフに現役を引退した。

引退後は14年間新聞記者として活動。1982年に阪神のフロント入りし、営業・広報などを担当。2002年に広報部長を退任した。阪神タイガースOB会副会長を務めている。2009年1月から『月刊タイガース』で「本間勝交遊録」を連載中。

本間勝の出身高校

本間勝出身高校
中京大学附属中京高校 偏差値 愛知県高校偏差値ランキング
プロ野球選手ランキング
1022位 / 4491人中 プロ野球選手別偏差値ランキング
性別
男性
生年月日
1939年5月1日生まれ

本間勝の関連人物

プロ野球選手偏差値ランキング 職業から有名人の出身卒業高校を探す


本間勝の関連著書

プロ野球選手一覧

プロ野球選手偏差値ランキング

県別高校偏差値

関東

北関東

関西

北海道/東北

甲信越

東海/北陸

中国

四国

九州/沖縄

おすすめコンテンツ

全国高校偏差値ランキング
職業から有名人の出身高校を探す
有名人の名前から高校を探す

全国自治体別高校偏差値ランキング