本多勇喜の出身高校

本多勇喜 プロサッカー選手

本多 勇喜(ほんだ ゆうき、1991年1月2日 - )は、愛知県一宮市出身のプロサッカー選手。Jリーグ・名古屋グランパス所属。ポジションは、ディフェンダー。

岐阜VAMOSから名古屋グランパスU-18に加入し、2008年に同期の磯村亮太らとともに高円宮杯全日本ユースで準優勝を経験。高校卒業後のトップチーム昇格はかなわず、阪南大学へ進学。4年時の総理大臣杯全日本大学サッカートーナメントでは、準決勝で早稲田大学の富山貴光、決勝で専修大学の仲川輝人ら大学屈指のFWを抑え込み、優勝に大きく貢献した。

ちなみに彼の垂直跳びは1mほどで、加速をつければサッカーゴールのクロスバーを頭が越える。

2013年、ユース時代を過ごした名古屋グランパスに入団。名古屋ユース出身者としては、初の大学経由でのトップチーム入団となった。同年3月16日、第3節ヴァンフォーレ甲府戦でプロ初出場を果たし、その試合のロスタイムに決勝点となるプロ初ゴールを決めた。

本多勇喜の出身高校

本多勇喜出身高校
石川県立工業高校 偏差値 石川県高校偏差値ランキング
プロサッカー選手ランキング
660位 / 815人中 プロサッカー選手別偏差値ランキング
性別
男性
生年月日
1991年1月2日生まれ

プロサッカー選手偏差値ランキング 職業から有名人の出身卒業高校を探す


プロサッカー選手一覧

プロサッカー選手偏差値ランキング

県別高校偏差値

関東

北関東

関西

北海道/東北

甲信越

東海/北陸

中国

四国

九州/沖縄

おすすめコンテンツ

全国高校偏差値ランキング
職業から有名人の出身高校を探す
有名人の名前から高校を探す

全国自治体別高校偏差値ランキング