本吉剛の出身高校

本吉剛 プロサッカー選手

本吉 剛(もとよし たけし、1967年7月26日 - )は、神奈川県横浜市出身の元サッカー選手、サッカー指導者。選手時代のポジションはディフェンダー(センターバック、ストッパー)。

鎌倉高等学校では、3年次に第64回全国高等学校サッカー選手権大会に出場。3回戦で同大会を制する清水商高に敗れたが、優秀選手に選出された。同期には堀孝史がいる。1986年に中央大学に進学。サッカー部に入部し、センターバックとして活躍。日本B代表にも選出され、AFCアジアカップ1988で2試合に出場した。

1990年に日本サッカーリーグ2部・フジタ(現 湘南ベルマーレ)に入団。この年のフジタのリーグ最小失点に貢献し、ルーキーながらベストイレブンに選出された。1991年に三菱自動車(現 浦和レッドダイヤモンズ)に移籍し、三菱自動車でJSL1部16試合、浦和でJリーグ18試合に出場した。

1995年からはジャパンフットボールリーグの大塚製薬(現 徳島ヴォルティス)に加入し、DFリーダーとして守備を統率し堅守[注 2]を築いたが、同チームがJリーグ参入に消極的だったことなどから、1997年に東京ガスFC(現FC東京)へ移籍。中央大学の先輩でセンターバックとしてコンビを組んだこともある大熊清監督の下で活躍した。

1998年シーズンを最後に現役を引退。ヘディングに強くハードな守備を持ち味としたセンターバックだったが、怪我がちで、同年受傷した前十字靭帯断裂及び半月板損傷によってJリーグ復帰はかなわなかった。

引退後は指導者の道に進み、FC東京で主に下部組織の指導に当たった。2003年にFC東京U-15監督としてクラブユース選手権に優勝。2006年はトップチームのコーチを務めた。2007年からはFC東京U-18コーチを務め、2010年にはFUJI XEROX SUPER CUP 2010 フレンドリーマッチ「U-18Jリーグ選抜 vs 日本高校サッカー選抜」のU-18Jリーグ選抜コーチに選出された。2012年よりFC東京U-18監督就任。ボールポゼッションを高めるスタイルの確立に粘り強く取り組んだ[7]。2014年からは同クラブの普及マネジメントチーフとして統括及びコーチ育成を担当。

2015年、四国学院大学サッカー部監督に就任[8]。

本吉剛の出身高校

本吉剛出身高校
鎌倉高校 偏差値 神奈川県高校偏差値ランキング
プロサッカー選手ランキング
220位 / 815人中 プロサッカー選手別偏差値ランキング
性別
男性
生年月日
1967年7月26日生まれ

本吉剛の関連人物

プロサッカー選手偏差値ランキング 職業から有名人の出身卒業高校を探す

本吉剛の評判・つぶやき

  • やっち@青赤と共に15年目へ!

    やっち@青赤と共に15年目へ! 4年前

    RT @chofu_fm: 昨日小平でお話ししててびっくりしたのは、昨年のサッカー中継で何度か解説をお願いしていたFC東京の本吉剛さんが退社されてて、今年から四国学院大学のサッカー部監督になったということ。新天地でも是非頑張って欲しいなぁ。"
  • 調布FM広報部(ラジ男)

    調布FM広報部(ラジ男) 4年前

    昨日小平でお話ししててびっくりしたのは、昨年のサッカー中継で何度か解説をお願いしていたFC東京の本吉剛さんが退社されてて、今年から四国学院大学のサッカー部監督になったということ。新天地でも是非頑張って欲しいなぁ。"
  • ㅤㅤ

    ㅤㅤ 4年前

    @null 本吉剛"
  • リベロ

    リベロ 4年前

    本吉剛、懐かしいなぁ"

プロサッカー選手一覧

プロサッカー選手偏差値ランキング

県別高校偏差値

関東

北関東

関西

北海道/東北

甲信越

東海/北陸

中国

四国

九州/沖縄

おすすめコンテンツ

全国高校偏差値ランキング
職業から有名人の出身高校を探す
有名人の名前から高校を探す

全国自治体別高校偏差値ランキング