木村敦志の出身高校

木村敦志出身高校
向陽台高校 偏差値
静岡県高校偏差値ランキング
プロサッカー選手ランキング
700位/815人中(プロサッカー選手)
性別
男性
生年月日
1984年5月1日生まれ
プロサッカー選手別偏差値ランキングを見る

木村 敦志(きむら あつし、1984年5月1日 - )は、大阪府茨木市出身の元プロサッカー選手。ポジションはゴールキーパー。

小学4年生の頃に地元茨木市の太田JFCでサッカーを始める。当時から長身だったため最初からポジションはゴールキーパーだった。中学時代からガンバ大阪の下部組織でプレーし、2003年にトップチームに昇格。若い頃から各年代の日本代表にも選出され、2001年にはU-17日本代表としてU-17世界選手権、2005年にはU-21日本代表として第33回トゥーロン国際大会に出場した。

G大阪では松代直樹や藤ヶ谷陽介といった先輩GKたちの後塵を拝し、長らく出場機会を得られなかったが、入団7年目の2009年12月29日、天皇杯準決勝・ベガルタ仙台戦で公式戦初出場を果たした。このときは第1GKの藤ヶ谷がインフルエンザ、第2GKの松代が怪我を抱えていたことから木村に出番が訪れ、チームは2-1で勝利した。

2010年はAFCチャンピオンズリーグのグループリーグ2試合(第2節・河南建業、第4節・シンガポール・アームド・フォーシズ)に出場した。2010年と2011年は藤ヶ谷に次ぐ第2GKとしてリーグ戦全試合にベンチ入りした。

2012年は5月2日のAFCチャンピオンズリーグ・浦項スティーラース戦から先発に定着、5月6日のJ1第10節・大宮アルディージャ戦でプロ10年目にしてJリーグ初出場を果たした 。その後もミスが目立った藤ヶ谷に代わってゴールを守り続けていたが、6月25日の練習中に右腓骨遠位端骨折により戦線離脱。10月後半までにはチームに合流し、12月には武田洋平の控えとして天皇杯でベンチ入り。

クラブがJ2に降格した2013年は出番がなく、クラブがJ1に復帰した2014年は新加入の東口順昭、河田晃兵に次ぐ第3GKという位置づけで、リーグ戦のベンチ入りは3試合にとどまった。2015年1月、現役引退が発表された。

2015年夏には正GKの負傷によりGK陣が手薄になったセレッソ大阪から現役復帰のオファーが届いたが、それを断ったと報じられた。

木村敦志の関連人物

プロサッカー選手偏差値ランキング 職業から有名人の出身卒業高校を探す


プロサッカー選手一覧

プロサッカー選手偏差値ランキング

高校偏差値を検索!(サイト内検索)
県別高校偏差値

関東

北関東

関西

北海道/東北

甲信越

東海/北陸

中国

四国

九州・沖縄

おすすめコンテンツ

全国高校偏差値ランキング
職業から有名人の出身高校を探す
有名人の名前から高校を探す

全国自治体別高校偏差値ランキング