木俣達彦の出身高校

木俣達彦 プロ野球選手

木俣 達彦(きまた たつひこ、1944年7月7日 - )は、愛知県岡崎市出身。昭和後期(1960年代後半-1980年代前半)のプロ野球選手。右投げ右打ち。ポジションは捕手。現役時の背番号は23番。中学から捕手を務め、中京大学附属中京高等学校 中京高では全国高等学校野球選手権大会 甲子園に出場。捕手の人材難に悩んでいた中日ドラゴンズからの誘いがあり、中京大学を中退して1964年に中日に入団。小柄ながら強打の捕手として活躍。1969年にセ・リーグの捕手では史上初の30本塁打となる33本塁打をマーク、典型的な長距離打者であったがゆえに粗さが目立ち、打率も低い為、それを改善するために、一本足打法でグリップを極端に下げてからトップの位置に持っていくマサカリ打法(マサカリパンチ)を編み出し上からボールをぶつけるレベルヒッターへ転向し安打を量産(本人曰く、マサカリ打法とは、打法改造する前の1971年に中日スポーツの記者からつけてもらったとのこと)。

木俣達彦の出身高校

木俣達彦出身高校
中京大学附属中京高校 偏差値 愛知県高校偏差値ランキング
プロ野球選手ランキング
1022位 / 4491人中 プロ野球選手別偏差値ランキング
性別
男性
生年月日
1944年7月7日生まれ

木俣達彦の関連人物

プロ野球選手偏差値ランキング 職業から有名人の出身卒業高校を探す

木俣達彦の評判・つぶやき


プロ野球選手一覧

プロ野球選手偏差値ランキング

県別高校偏差値

関東

北関東

関西

北海道/東北

甲信越

東海/北陸

中国

四国

九州・沖縄

おすすめコンテンツ

全国高校偏差値ランキング
職業から有名人の出身高校を探す
有名人の名前から高校を探す

全国自治体別高校偏差値ランキング