朝井茂治の出身高校

朝井茂治出身高校
静岡商業高校 偏差値
静岡県高校偏差値ランキング
プロ野球選手ランキング
2732位/4491人中(プロ野球選手)
性別
男性
生年月日
1941年5月11日生まれ
プロ野球選手別偏差値ランキングを見る

朝井 茂治(あさい しげじ、1941年5月11日 - 2010年5月2日)は、静岡県裾野市出身のプロ野球選手(内野手)。一時期、登録名を朝樹 一義世とした。

静岡商業在学時に、遊撃手として1959年の夏の甲子園に出場。佐々木勝利投手(大毎)のいた宮古高を破り2回戦に進出するが、エース井上善夫を擁する日大二高に延長11回の熱戦の末に敗退。同年には井上らとともに高校野球日本代表としてアメリカに遠征、四番打者も務めた。

1960年に大阪タイガースに入団。入団当初、内野陣が三宅秀史や吉田義男という名選手揃いだったため、スタメンを得ることができずにいたが、1962年に三宅が故障し、1963年から三塁手の定位置を得た。1965年4月11日から6月11日までの2ヶ月間は登録名を朝樹 一義世とした。1966年には初めて規定打席に到達(14位 打率.256)、1967年までスタメンの座を守るが、打撃が低迷し1968年に広島東洋カープに移籍。三塁手が固定できずにいた広島で2年間レギュラーを務める。1970年限りで現役引退。

2010年5月2日、脳梗塞のため死去。68歳没。

朝井茂治の関連人物

プロ野球選手偏差値ランキング 職業から有名人の出身卒業高校を探す

朝井茂治の評判・つぶやき


プロ野球選手一覧

プロ野球選手偏差値ランキング

高校偏差値を検索!(サイト内検索)
県別高校偏差値

関東

北関東

関西

北海道/東北

甲信越

東海/北陸

中国

四国

九州・沖縄

おすすめコンテンツ

全国高校偏差値ランキング
職業から有名人の出身高校を探す
有名人の名前から高校を探す

全国自治体別高校偏差値ランキング