服部武夫の出身高校

服部武夫出身高校
四日市高校 偏差値
三重県高校偏差値ランキング
プロ野球選手ランキング
15位/4491人中(プロ野球選手)
性別
男性
生年月日
1932年11月28日生まれ
プロ野球選手別偏差値ランキングを見る

服部 武夫(はっとり たけお、1932年11月28日 - )は、三重県出身の元プロ野球選手。ポジションは投手。

四日市高校から1950年に南海ホークスへ入団。1951年に31試合登板し、10勝7敗、防御率2.03を記録して南海の優勝に貢献した。防御率2.03はリーグ1位の成績だったが、この年だけ導入された資格投球回数算定法によって南海ホークスの標準回数が164回と決まっており、投球回数が155回だった服部は規定未満として最優秀防御率のタイトルを逃し、2.08で2位だった同僚の柚木進がタイトル獲得となった。日本シリーズにも出場し、第1戦、第2戦はリリーフで登板。第4戦は先発で8回まで無失点だったが9回に読売ジャイアンツ打線に打ち込まれ3点を失って降板。リリーフした柚木が後続をしっかりと抑え、服部が勝ち投手となった。翌年は自己最多となる16勝を挙げた。この年の日本シリーズも第4戦で先発するが負け投手となっている。1953年は1軍での登板無く、1954年に高橋ユニオンズへ移籍するが勝利できず、1956年に毎日オリオンズへ移籍。1958年に広島カープへ移籍し、同年引退。1952年以降はまったく勝利することができなかった。

引退後は地元の四日市に戻り、服部野球教室を開設。少年たちに野球の指導を行う。

服部武夫の関連人物

プロ野球選手偏差値ランキング 職業から有名人の出身卒業高校を探す


プロ野球選手一覧

プロ野球選手偏差値ランキング

高校偏差値を検索!(サイト内検索)
県別高校偏差値

関東

北関東

関西

北海道/東北

甲信越

東海/北陸

中国

四国

九州・沖縄

おすすめコンテンツ

全国高校偏差値ランキング
職業から有名人の出身高校を探す
有名人の名前から高校を探す

全国自治体別高校偏差値ランキング