有賀佳弘の出身高校

有賀佳弘

有賀佳弘 プロ野球選手

早稲田実業高では2年生からレギュラー捕手となり、1974年夏の甲子園東東京予選準決勝に進出するが、二松學舎大付に敗れる。翌1975年は東東京予選決勝で日大一高を降し、夏の甲子園に出場、しかし1回戦で中京商のエース今岡均に抑えられ敗退した。

早稲田大学に進学、東京六大学リーグでは1978年秋季リーグで優勝を経験するが、金森栄治の控え捕手にとどまる。4年生から正捕手となり、1979年春季リーグで在学中2度目の優勝、打率.500で首位打者になりベストナインを受賞。同年の日米大学野球選手権大会日本代表に選出される。リーグ通算31試合出場、107打数39安打、打率.364、2本塁打、18打点。大学同期に岡田彰布、島貫省一がいた。

卒業後は日産自動車に進む。1980年の都市対抗に東芝に補強され出場するが、1回戦で電電九州の山内孝徳投手を崩せず敗退。翌1981年の都市対抗も東芝の補強選手として連続出場、2回戦では延長11回にサヨナラ本塁打を放ち日本楽器を降す。準々決勝でも日本通運から決勝本塁打を放つなど、打の中心として活躍。決勝に進出し、電電東京と対戦するが2-3で惜敗、準優勝にとどまった。この時のチームメートにエースの黒紙義弘をはじめ青島健太、菊地恭一らがいる。

1981年ドラフト4位で阪急入団。即戦力と期待されるが中沢伸二、片岡新之介、藤田浩雅らの捕手陣に割り込むことは出来なかった。しかし1983年には一軍に定着、左翼手として38試合に先発出場を果たす。翌年も外野手、指名打者として起用されるが、1985年には一軍での出場がなくなる。同年11月に金銭トレードで中日に移籍。ここでも出場機会に恵まれず、翌1986年限りで現役引退。

後に中日二軍マネージャーに就任。2014年11月1日付でチーム統括本部編成部長を兼務。

有賀佳弘の出身高校

有賀佳弘出身高校
早稲田実業学校 偏差値 東京都高校偏差値ランキング
プロ野球選手ランキング
70位 / 4491人中 プロ野球選手別偏差値ランキング
性別
男性
生年月日
1957年10月15日生まれ

有賀佳弘の関連人物

プロ野球選手偏差値ランキング 職業から有名人の出身卒業高校を探す


プロ野球選手一覧

プロ野球選手偏差値ランキング

県別高校偏差値

関東

北関東

関西

北海道/東北

甲信越

東海/北陸

中国

四国

九州/沖縄

おすすめコンテンツ

全国高校偏差値ランキング
職業から有名人の出身高校を探す
有名人の名前から高校を探す

全国自治体別高校偏差値ランキング