日下章の出身高校

日下章 プロ野球選手

日下 章(くさか あきら、1927年7月22日 - 2004年1月10日)は兵庫県尼崎市出身のプロ野球選手、政治家。

甲陽中学(現:甲陽学院高等学校)から、関西大学に進学。その後、1951年に大阪タイガースに入団。1954年には104試合に出場したが、完全なレギュラーになることはできなかった。1956年に退団。退団後は、政治家に転進し、尼崎市市議会議員となり、同議会の議長、兵庫県市議会議長会会長も務めた。2004年1月10日死去。享年76。

父は、兵庫県県議会議員であった日下梅吉。弟に近鉄に所属した日下隆、甥に育英高の夏の甲子園優勝監督である日下篤がいる。

日下章の出身高校

日下章出身高校
育英高校 偏差値 兵庫県高校偏差値ランキング
プロ野球選手ランキング
1660位 / 4491人中 プロ野球選手別偏差値ランキング
性別
男性
生年月日
1927年7月22日生まれ

日下章の関連人物

プロ野球選手偏差値ランキング 職業から有名人の出身卒業高校を探す


日下章の関連著書

プロ野球選手一覧

プロ野球選手偏差値ランキング

県別高校偏差値

関東

北関東

関西

北海道/東北

甲信越

東海/北陸

中国

四国

九州・沖縄

おすすめコンテンツ

全国高校偏差値ランキング
職業から有名人の出身高校を探す
有名人の名前から高校を探す

全国自治体別高校偏差値ランキング