新田広一郎の出身高校

新田広一郎 サッカー選手

新田 広一郎(にった こういちろう、1966年12月22日 - )は、日本の実業家。元サッカー選手。徳島県徳島市津田町出身。順天堂大学卒業。

小学3年生のときからサッカーを始める。その後攻撃的ミッドフィールダーとして活躍、徳島商高時代には徳島県代表として3年連続で全国高等学校サッカー選手権大会出場、日本ユース代表。その後、順天堂大学に進み卒業。

1989年に地元大塚製薬に入社、同社サッカー部(徳島ヴォルティスの前身)に入部。同年、チームは四国サッカーリーグ優勝、翌1990年には日本サッカーリーグ2部昇格を果たす。その後ジャパンフットボールリーグでプレーした後、1993年に現役引退。

その後は大塚製薬東京本社の販売促進部に勤務。

2008年、J2昇格後3年連続で最下位となったため引責辞任した髙本浩司の後を受け、徳島ヴォルティス代表取締役社長に就任した。任期中、2013年末にはチーム歴史上初となるJ1昇格に導いている。2015年2月27日付けで退任。

新田広一郎の出身高校

新田広一郎出身高校
徳島商業高校 偏差値 徳島県高校偏差値ランキング
サッカー選手ランキング
1509位 / 1982人中 サッカー選手別偏差値ランキング
性別
男性
生年月日
1966年12月22日生まれ

サッカー選手偏差値ランキング 職業から有名人の出身卒業高校を探す


サッカー選手一覧

サッカー選手偏差値ランキング

県別高校偏差値

関東

北関東

関西

北海道/東北

甲信越

東海/北陸

中国

四国

九州・沖縄

おすすめコンテンツ

全国高校偏差値ランキング
職業から有名人の出身高校を探す
有名人の名前から高校を探す

全国自治体別高校偏差値ランキング