新宅雅也の出身高校

新宅雅也 スポーツ選手

新宅 雅也(しんたく まさなり、改名後、永灯至(ひさとし)、1957年12月20日 - )は、広島県三原市出身の陸上競技、マラソン選手。広島県西条農業高校、日本体育大学卒業。1970年代後半から1980年代にかけて瀬古利彦、宗茂・宗猛兄弟、伊藤国光、中山竹通らとともに日本陸上界をリードした名選手である。

広島県三原市立幸崎中学校で、陸上部に入り陸上をはじめた。中学時代は目立った選手ではなかったが、負けず嫌いで、練習は熱心で、一人で遅くまで走っていることも多かった。高校進学では、駅伝で有名な世羅高校を希望したが、学区が違うため、広島県立西条農業に進学し、約2時間かけて通学していた。田園風景のバラス(砂利)道を走り足腰を鍛えた。当時箱根駅伝5連覇、全日本大学駅伝3連覇等駅伝で実績のある実力校日本体育大学に進学し、トラック競技で活躍。在学中から多くの国際大会に参加。1977年、ユニバーシアード第9回ソフィア大会で3000m障害出場。1978年、第8回アジア大会(バンコク)では3000m障害物で金メダル。この1ヶ月後に出場した箱根駅伝で日体大の総合優勝をもたらした山登りの激走は有名。1979年に国立霞ヶ丘陸上競技場において3000m障害で出した記録 8分25秒8 は今も2番目に古い日本学生最高記録として残る。この頃同期の中村孝生、瀬古らと共に中村清の指導を受け、卒業後は中村が指揮を執るヱスビー食品で指導を受けたいと思うようになっていった。このことで一時日体大関係者の中に「新宅、中村は卒業してもOB会には入れない」と不快感を示す者も現れた。その状況下でも新宅と中村は「それはそれ、これはこれ」と割り切り、1980年の箱根駅伝(56回大会)では快走し、瀬古を擁する早稲田大学を下して優勝を果たした。日体大卒業後は中村、瀬古とヱスビー食品に入社。この3人だけで東日本実業団対抗陸上競技大会に出場し団体優勝。1984年~1988年の全日本実業団駅伝4連覇にも貢献した。中村監督の指導を受け、自身も1980年3000m障害で、8分19秒52の日本記録を出した。これは2003年、岩水嘉孝が抜くまで23年間破られなかった。モスクワオリンピックの3000m障害代表にも選ばれたが、日本が大会をボイコットした。また1982年、第9回アジア大会(ニューデリー)5000m金メダル、1984年ロサンゼルスオリンピック10000m出場。1986年第10回アジア大会(ソウル)5000m銀メダル・10000m金メダルを獲得。

また日本陸上競技選手権5000m、10000m、3000m障害、マラソンと複数種目を合計した優勝回数「13」は、室伏広治がハンマー投単一種目で2008年に更新するまで男子の日本記録であった(室伏は2012年「18」まで更新)。

1985年、マラソンに転向し、2月の東京国際マラソンで初マラソンの日本記録を出す。同年12月、福岡国際マラソンで優勝。1987年は中山竹通に次いで2位となり、ソウルオリンピックマラソン代表に選ばれる。3大会連続の代表であるが、それぞれが異なる長距離種目というケースは日本では非常に珍しい。

1988年、ソウルオリンピック・マラソン出場、メダル争いに絡む事が出来ず17位に終わった。1990年ヱスビー食品を退社し1991年、大正海上に入社し監督を兼任。会社の合併で三井住友海上陸上競技部監督を務める。女子の監督も要望されたが、男子の監督にこだわった。しかし、選手の育成に伸び悩み、2005年5月31日に同社を退職。2007年に体育大学予備校「体育進学センター」の講師に就任し、現在も後進の指導にあたっている。

新宅雅也の出身高校

新宅雅也出身高校
西条農業高校 偏差値 愛媛県高校偏差値ランキング
スポーツ選手ランキング
2455位 / 2540人中 スポーツ選手別偏差値ランキング
性別
男性

スポーツ選手偏差値ランキング 職業から有名人の出身卒業高校を探す


スポーツ選手一覧

スポーツ選手偏差値ランキング

県別高校偏差値

関東

北関東

関西

北海道/東北

甲信越

東海/北陸

中国

四国

九州/沖縄

おすすめコンテンツ

全国高校偏差値ランキング
職業から有名人の出身高校を探す
有名人の名前から高校を探す

全国自治体別高校偏差値ランキング