新宅洋志の出身高校

新宅洋志 プロ野球選手

新宅 洋志(しんたく ひろし、1943年12月19日 - )は、島根県出身の元プロ野球選手(捕手)。

浜田高では1961年の夏の甲子園島根県予選準決勝に進出するが、大社高の若月宏之投手(立大-全大丸)に抑えられ敗退。甲子園には出場できなかった。高校卒業後、同期の竹野吉郎外野手とともに駒澤大学へ進学。東都大学リーグでは1962年から春季リーグ3回連続優勝。1964年には盛田昌彦投手(北海道拓殖銀行)を擁し、全日本大学野球選手権大会決勝で早大を降し優勝した。リーグ通算85試合出場、301打数70安打、打率.233、3本塁打、38打点。最高殊勲選手1回(1964年春季)、ベストナイン4回受賞。

1966年に中日ドラゴンズへ入団。捕手としてのポテンシャルは優れていたが、打力で勝る木俣達彦が正捕手に君臨していた為、出場機会は少なかった。しかし、木俣が故障した1967年には88試合に出場し、オールスターゲームにも選出されている。その後も貴重な二番手捕手、右の代打として活躍した。1978年限りで現役引退。

引退後は東海テレビ・東海ラジオ野球解説者、球団スカウトなどを歴任し、1984年~1989年、1992年~1993年には中日の一軍バッテリーコーチを務めた。その後は全国担当のスカウト、少年野球担当も務め、NPB12球団ジュニアトーナメントでは中日ジュニアチームの監督を務めており、2008年大会では優勝を果たした。2011年末に退団。

新宅洋志の出身高校

新宅洋志出身高校
浜田高校 偏差値 島根県高校偏差値ランキング
プロ野球選手ランキング
1516位 / 4491人中 プロ野球選手別偏差値ランキング
性別
男性
生年月日
1943年12月19日生まれ

新宅洋志の関連人物

プロ野球選手偏差値ランキング 職業から有名人の出身卒業高校を探す


プロ野球選手一覧

プロ野球選手偏差値ランキング

県別高校偏差値

関東

北関東

関西

北海道/東北

甲信越

東海/北陸

中国

四国

九州・沖縄

おすすめコンテンツ

全国高校偏差値ランキング
職業から有名人の出身高校を探す
有名人の名前から高校を探す

全国自治体別高校偏差値ランキング