新井靖明の出身高校

新井靖明 スポーツ選手

新井 靖明(あらい やすあき、1983年5月22日 - )は、東京都文京区出身の元プロバスケットボール選手である。ポジションはシューティングガード。180cm、75kg。

ミニバスケットボールチーム「文京グーニーズ」で全国大会に出場、全国大会準優勝。

本郷台中学校を卒業後、名門能代工業高校に入学。1年生の冬からベンチ入りし、1999年ウィンターカップに参加。ベンチから試合に出場するものの準々決勝で志村雄彦、宍戸治一らを擁する仙台高校に敗退。

3年時の熊本インターハイでは能代工高のエースナンバーである7番を付け出場。1試合平均41.7得点を叩き出し、127対105という稀に見るハイスコアゲームとなった緒戦の八千代高校との対戦では73得点(うちスリーポイント21本)を記録。瞬く間に能代のエースとして注目を集め、シューターとして活躍する。 高校最後の大会であるウィンターカップでも大活躍して優勝を果たした。

その後、関東の強豪日本体育大学を経て、2006年に三菱電機に入社。

2009年6月、埼玉ブロンコスに育成選手として入団。2012年、仙台89ERSに移籍。2013-14シーズン後に引退発表。

新井靖明の出身高校

新井靖明出身高校
能代工業高校 偏差値 秋田県高校偏差値ランキング
スポーツ選手ランキング
1942位 / 2540人中 スポーツ選手別偏差値ランキング
性別
男性
生年月日
1983年5月22日生まれ

スポーツ選手偏差値ランキング 職業から有名人の出身卒業高校を探す


スポーツ選手一覧

スポーツ選手偏差値ランキング

県別高校偏差値

関東

北関東

関西

北海道/東北

甲信越

東海/北陸

中国

四国

九州・沖縄

おすすめコンテンツ

全国高校偏差値ランキング
職業から有名人の出身高校を探す
有名人の名前から高校を探す

全国自治体別高校偏差値ランキング