新井場徹の出身高校

新井場徹 プロサッカー選手

新井場 徹(あらいば とおる、1979年7月12日 - )は、大阪府枚方市出身の元サッカー選手。ポジションは左右のサイドバック。FCティアモ枚方代表。

ガンバ大阪ユース出身。ユース時代の同期生には稲本潤一、橋本英郎らがいる。トップチーム昇格時、夢として「満員の万博を自分のプレーで沸かせたい」と語っていた(入団後の初の満員の試合は1998年5月フランスワールドカップ直前のベルマーレ平塚戦。ゴール裏はトラブルにより応援自粛中だった)。

2001年9月に行われたトルシエ監督時代の日本代表候補メンバー合宿に招集されているが、正式な代表メンバーに選出されるには至らず、その時は候補止まりであった。しかし、それまではドリブルを中心にサイドから切れ込んでシュートで終わるというのが彼のプレースタイルだったがこの合宿以後、トルシエから指導されたサイドを持ちあがりクロスを入れるプレーを多く見せるようになった。

その後、出場機会を求め2004年に鹿島アントラーズへ完全移籍。移籍問題に揺れていた2003年12月20日の天皇杯(セレッソ大阪戦)でゴールを決め、ユニフォームのガンバエンブレムに惜別のキス。ガンバに別れを告げた。

2011年のJリーグ第32節では、チームメイトの負傷のため本職ではないセンターバックをこなした。

2013年、セレッソ大阪に完全移籍。2003年以来の地元大阪でのプレーとなる。2008年から単身赴任という形が続いており、家族のための移籍でもあった。

2014年シーズン終了後の12月末にセレッソから来季の構想外を言い渡され、他クラブからも正式オファーがなく、2015年1月19日に現役引退を発表した。

その他の国内公式戦

その他の国際公式戦

新井場徹の出身高校

新井場徹出身高校
向陽台高校 偏差値 静岡県高校偏差値ランキング
プロサッカー選手ランキング
700位 / 815人中 プロサッカー選手別偏差値ランキング
性別
男性
生年月日
1979年7月12日生まれ

新井場徹の関連人物

プロサッカー選手偏差値ランキング 職業から有名人の出身卒業高校を探す


プロサッカー選手一覧

プロサッカー選手偏差値ランキング

県別高校偏差値

関東

北関東

関西

北海道/東北

甲信越

東海/北陸

中国

四国

九州・沖縄

おすすめコンテンツ

全国高校偏差値ランキング
職業から有名人の出身高校を探す
有名人の名前から高校を探す

全国自治体別高校偏差値ランキング